ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アマゾンCEOのベゾスは「1日8時間睡眠」 ビル・ゲイツやティム・クックも7時間眠っている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんは毎日、どのくらいの睡眠時間を確保できているでしょうか。かのナポレオンの睡眠時間は、1日4時間だったと言われています。毎日決まった時間に寝ている人もいれば、不規則な人もいるかもしれません。

ビジネスパーソンは、高い成果をあげる人たちの睡眠習慣が気になることでしょう。11月13日付けのForbes誌にアリス・ウォルトン氏が寄稿した記事は、21人の成功者の実態を紹介。意外にも十分な睡眠時間を確保している人は多いようですよ。(文:夢野響子)
オバマ大統領は「午前1時~7時」の6時間

まず、1日7時間の睡眠をとっているのは、以下の5人の有名人。いずれも世界トップの経営者ですが、同じ睡眠時間でも就寝時間と起床時間は実にさまざまです。

・マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ(午前0時~7時)
・アップルCEOのティム・クック(午後9時半~午前4時半)
・ハフィントンポスト編集長のアリアナ・ハフィントン(午後10時~午前5時)
・ツイッター創設者のジャック・ドーシー(午後10時半~午前5時半)

米国の有名な政治家・気象学者の故ベンジャミン・フランクリンも7時間(午後10時~午前5時)だったとか。やはり早寝をする人が多いようです。

米国のオバマ大統領は6時間睡眠で、午前1時~7時とやや遅寝。AOLのCEOティム・アームストロングは、午後11時~午前5時だそうです。ヤフーのマリッサ・マイヤーは午前0時に就寝し、睡眠時間は4~6時間。ヴァージングループのリチャード・ブランソンも同じ時間に就寝し、午前5時から6時の間に起床します。

英国の首相を務めた故ウィンストン・チャーチル(午前3時~8時)や発明家の故トーマス・エジソン(午後11時~午前4時)は5時間睡眠だったそうです。ただしチャーチルの場合は、昼寝を欠かさなかったというエピソードが有名です。

一方で、8時間睡眠を確保する人たちもいます。有名なのはアマゾンの創業者でCEOのジェフ・ベゾスで、午後10時から午前5時まで眠ります。モズのレオ・ウィドリッチとバッファーのレオ・ウィドリッチは、午前1時に就寝し、午前9時に起床するそうです。
短くても中断されない「質の高い睡眠」を目指すべき

睡眠の大切さはよく取りざたされますが、米国ジョンズ・ホプキンス大学の新しい研究では、「中断の多い長い睡眠」と「短くても質の高い睡眠」の間にはかなり大きな差があることが分かったそうです。

この研究をまとめたパトリック・ファイナン博士はその理由を「一夜の間に睡眠が妨げられると、睡眠段階を進むことができず、回復感のキーとなる『徐波睡眠』の量を十分にとることができないからだ」と説明しています。

睡眠時には、まぶたの下の眼球運動を伴う「レム睡眠」と、眼球が動かずに脳を休ませる「ノンレム」が交互に繰り返し表れています。「徐波睡眠」とはノンレム睡眠のうち、特に眠りの深い熟睡状態を指します。

質の高い睡眠を取ることで、記憶力の向上や長寿、創造性や集中力の向上、ストレスの軽減、カフェインなど刺激物への依存の減少、鬱へのリスクの低下、事故に合う危険度の低下などの効果があるようです。自分にとっての最適な睡眠パターンを知り、それを守ることはとても大事なことのようです。

(参照)The Sleep Habits Of Highly Successful People (Forbes)

あわせてよみたい:いくら寝ても眠い、甘いものについ手が伸びる「冬季うつ」かも?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP