ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神社仏閣の聖地!京都で御朱印めぐり観光が楽しい♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都はいたるところに神社仏閣が集まる聖地。最近、人気を集めている御朱印めぐりの目的地として是非選びたいエリアの一つです。個性豊かなパワースポットで運気をあげた後は地元のグルメを楽しみ、おみやげを見て回るのはいかがでしょうか。

御朱印がいただける神社仏閣の紹介と、途中の美味しいデザートやランチを味わえる場所をご紹介します。

1.青蓮院門跡

御朱印とともに襖絵と庭園を楽しむ

蓮の襖絵は「幻想」、「生命賛歌」、「極楽浄土」の3部構成

京都五か室門跡の一つに数えられる青蓮院門跡。ここで言う門跡とは、門主(住職)が皇室や摂関家により代々受けつがれたお寺のことで、大変格式が高いことの表れです。

大広間では、全60枚の襖に描かれた木村英輝氏によるモダンな襖絵と出会えるほか、静寂で心安らぐ美しい庭園も眺められます。アート好きならぜひ立ち寄りたい場所です。格式は高いが自由に境内を散策可能

御朱印帳(青)は菊の御紋が入る

御朱印は御本尊の「熾盛光如来」

いただける御朱印

墨書/奉拝、熾盛光如来(しじょうこうにょらい)、青蓮院

印/粟田御所、菊の御紋、青蓮院門跡

御朱印授与(受付)/9時~17時(16時30分受付終了)

御朱印/300円

御朱印帳/1000円 青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)

TEL/075-561-2345

住所/京都市東山区粟田口三条坊町69-1

営業時間/9時~17時(16時30分受付終了)

料金/拝観料大人500円

アクセス/地下鉄東西線東山駅より徒歩5分

駐車場/5台

「青蓮院門跡」の詳細はこちら

2.知恩院

京都の国宝「三門」は必見!

高さ24m、幅50mの国宝「三門」

知恩院は、「南無阿弥陀仏」と称えれば、誰もが救われるという浄土宗の開祖「法然上人」ゆかりの浄土宗の総本山。迫力ある象徴の国宝「三門」は、歴史文化遺産として有名であり、見逃さないようにしましょう。

池泉式庭園と枯山水で構成された冬の「友禅苑」も見どころです。御朱印は種類が多く、御朱印めぐりをする者としては、全ていただきたくなってしまいますね。庭園は写真の「友禅苑」ほか、市の指定名勝「方丈庭園」での散策もおすすめ

木魚を象ったキャンディーはお土産に

国宝「三門」がモチーフの御集印帳

美しい中央の墨書は「法然上人」と記載

いただける御朱印

墨書/奉拝、法然上人、知恩院

印/圓光大師廿五霊場第廿五番、仏法僧宝、浄土宗総本山知恩院

御朱印授与(受付)/9時~16時

御朱印/300円

御朱印帳/1050円 知恩院(ちおんいん)

TEL/075-531-2111

住所/京都市東山区林下町400

営業時間/9時~16時30分(16時受付終了)

料金/庭園拝観のみ有料/友禅苑大人300円、方丈庭園人大人400円、共通券大人500円

アクセス/地下鉄東西線東山駅より徒歩8分

「知恩院」の詳細はこちら

3.いづ重

御朱印をいただいたらランチはここで

上品な甘さの酢飯と具は相性抜群

八坂神社「西楼門」の前に店を構える老舗寿司店。寿司の名店「いづう」よりのれん分けを受けて約100年もの間、その伝統を守ってきました。

おくどさんで炊くシャリの旨さ、舌触りはこの上なく、仕事の丁寧さが感じられます。小鯛、えび、厚焼き卵などを市松文様のように組み合わせた上箱寿司は一押しです。 いづ重(いづじゅう)

TEL/075-561-0019

住所/京都市東山区祇園石段下

営業時間/10時30分~19時(18時30分LO)

定休日/水(祝日の場合翌日)

料金/上箱寿司1620円、いなり寿司(5個)756円

アクセス/京阪電車祇園四条駅より徒歩5分

「いづ重」の詳細はこちら

4.八坂神社

何度でも訪れたい京都の名所

厄除け・疫病退散・商売繁昌にご利益があると言われています

京都を代表する神社のひとつとして数えられ、「祇園さん」と呼ばれる八坂神社。「祇園祭」はこの神社の祭礼として広く知られています。1654年に徳川家綱が再建した社殿で参拝後、御朱印をいただき心清らかになりましょう。

5種類ある御朱印のほか、ここ八坂神社だけの限定御朱印や期間限定の御朱印もあるので、是非集めたいところです。

心と肌が磨かれるといわれる「美容水」

朱が映える重要文化財建造物「西楼門」

明治維新まで称された「祇園社」と記載

いただける御朱印

墨書/奉拝、祇園社

印/御神紋、八坂神社

御朱印授与(受付)/9時~16時40分

御朱印/300円 八坂神社(やさかじんじゃ)

TEL/075-561-6155

住所/京都市東山区祇園町北側625

営業時間/参拝自由

アクセス/京阪祇園四条駅より徒歩5分

駐車場/40台(10時~17時・1時間600円)

「八坂神社」の詳細はこちら

5.二軒茶屋 中村楼

欲張りあんみつでひと休み。

信楽焼の器にたっぷり入る「あんみつ」

自家製寒天の上に、ほどよい甘さのこしあん、みつ豆、抹茶アイス、甘酸っぱいアンズに求肥など、色々な美味が見事なコラボレートしています。職人が手づくりする濃厚な黒蜜も絶品の味です。

とろりとかけて味わえば、もうスプーンが止まらないおいしさを体感できることでしょう。御朱印めぐりの休憩に、絶対味わって欲しい逸品です。 二軒茶屋(にけんぢゃや) 中村楼

TEL/075-561-0016

住所/京都市東山区祇園八坂神社鳥居内

営業時間/11時~19時LO

定休日/水

料金/あんみつ950円

アクセス/京阪電車祇園四条駅より徒歩10分

「二軒茶屋 中村楼」の詳細はこちら

6.高台寺

秀吉とねねにあやかれる京都の名所

「本堂」と「勅使門」のあいだにある白砂を敷き詰めた前庭も美しく見どころでもある

豊臣秀吉の妻、「北政所(きたまんどころ)」ねねのゆかりの名刹として知られる高台寺。ねねが信仰したという、受付の手前にある天満宮の「マニ車」の中には「般心経」が入れられ、1回まわすとご利益が受けられるのだそうです。

数々の重要文化財や小堀遠州作の美しい庭園に対峙した後は、のんびり散策したい場所です。もちろん、御朱印もお忘れなく!

高台寺の御朱印帳。裏に「夢」の文字も

仏の悟りを意味する「佛心」が際立った御朱印

いただける御朱印

墨書/奉拝、佛心、高台寺

印/五七桐紋、豊太閤秀吉公 北政所霊、仏法僧宝、高台禅寺

御朱印授与(受付)/9時~16時30分

御朱印/300円

御朱印帳/1000円 高台寺(こうだいじ)

TEL/075-561-9966

住所/京都市東山区高台寺下河原町526

営業時間/9時~17時30分(17時受付終了)

料金/大人600円

アクセス/阪急河原町駅・京阪祇園四条駅より市バス207系統東山安井より徒歩5分

駐車場/100台(1時間600円・以降30分300円)※拝観の場合無料(受付へ駐車券提示)

「高台寺」の詳細はこちら

7.清水寺

京都の屈指の観光名所

釘を1本も使わずに建てられた本堂は観光客がいつも絶えない

778年から1300年あまりの歴史を誇るお寺。「枕草子」や「源氏物語」をはじめ、能狂言や歌舞伎などにも度々登場する清水寺。「清水の舞台」で知られ、伽藍(がらん)は1994年に世界文化遺産に登録されています。

遠くに京都タワーも見える市街地と清水の舞台がコラボする景色は、一度は見たい絶景のひとつです。御朱印は300円、御朱印帳は1200円です。

願い事をしながら水をいただく「音羽の滝」

清水の舞台を描いた御朱印帳

「大悲閣」の「大悲」は観音様の慈悲の心をあらわすのだそう

いただける御朱印

墨書/奉拝、大悲閣、清水寺

印/西国十六番、梵字(千手観音)、清水寺納経印

御朱印授与(御朱印所)/8時頃~17時30分頃

御朱印/300円

御朱印帳/1200円 清水寺(きよみずでら)

TEL/075-551-1234

住所/京都市東山区清水1-294

営業時間/6時~18時(季節で異なる)

料金/拝観料大人400円

アクセス/JR京都駅より市バス206または100系統にて五条坂より徒歩10分v

「清水寺」の詳細はこちら

8.京東都 本店

京都のお土産はここでゲット

「日本の良き物を伝えたい」と店長の梅村さん

京東都の店内にひとたび入れば、キュートなデザインものがいっぱい。元々は京都の刺繍工房が立ち上げたお店で、後世に伝えたい日本の伝統をモチーフにした和片(ワッペン)が看板商品です。

越前和紙、美濃焼、京鹿の子絞り、播州織など、国産の良い物がここに一挙に勢揃いしています。国内産の銘品と和のモチーフがコラボしています。

日の出をイメージした「富士山コインケース」

「八坂の塔」柄の本店限定の足袋ソックス

早春を感じる和菓子シリーズの和片もキュート!

2016年の十二支の「申」の和片は人気なのだそう

京東都(きょうとうと) 本店

TEL/075-531-3155

住所/京都市東山区星野町 93-28

営業時間/11時~18時

定休日/不定

料金/ワッペン/申540円・うぐいす餅324円・寒紅梅410円、富士山コインケース918円、足袋ソックス1026円

アクセス/市バス東山安井・清水道より徒歩5分

「京東都 本店」の詳細はこちら

まとめ

今年の運気をあげるための京都の社寺をまわるコースを紹介しました。ご当地の美味しいものとお土産も楽しみながら、冬の京都に出かけましょう!

※無人の寺社や宗教上の考えなどにより、すべての寺社で御朱印をいただけるとは限らないため、事前に確認してお出かけください。

※御朱印の墨書(墨で書かれた文字)は、書き手により書き方や文字の位置、内容が変わる場合があります。

※この記事は2016年1月時点での情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

可愛いお土産やスイーツがたくさん!「こんぴらさん」こと「金刀比羅宮」へ観光とお参りしませんか?
ゴールド賀茂鶴で有名な西条。日本三大名醸地で酒造巡りをしましょ♪
九州の人気温泉地ランク4位!霧島温泉で自然&パワスポを満喫する定番ドライブコース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。