ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あやすのが苦手なママにもオススメ!ねんね期からOK!我が家流、絵本の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あやすのが苦手なママにもオススメ!ねんね期からOK!我が家流、絵本の楽しみ方 f:id:akasuguope02:20160127095809j:plain

子育てをきっかけに、親も新しい世界に触れる、ということはたくさんあると思います。

我が家に『赤ちゃんのための絵本』がやってきたのは、娘が産まれて間もなくの頃。

絵本が大好きな先輩ママが、お祝いにとプレゼントしてくれました。

もちろん、まだ娘は日本語を理解するどころか、目も耳も未発達で、ぼんやり見え聞こえはじめた位のはず。

いただいた絵本は、「もう少し大きくなったら読めるね〜」くらいに捉えていました。

生後2ヶ月くらいから行き始めた地域の育児支援センターで、市内の図書館のボランティアの方が、小さい子向けの絵本の紹介をしていました。

そのときに教えていただいたのが、

「絵や言葉の意味が分かる前から、赤ちゃんは周りの人の声で読んでもらうのが大好きです。読んでもらうのは、赤ちゃんにとっては音楽のように心地いいんですよ」

ということ。

そこで、2人きりの生活で、あやす歌のレパートリーも多くないわたしは、いただいている絵本を読んでみることにしました。

まだおすわりもできないので、自分があぐらで座ってひざの間に座らせるように抱っこしたり、一緒に横になったりしながら、赤ちゃん向けの絵本を声に出して読みました。

はじめはもちろんぼんやりしているだけだった娘も、だんだんと読み終わるまで絵本を見ているようになり、ページをめくる手に一緒に手をのばしてきたりするようになりました。

そして、おすわりができるようになったころのある日。

かがくいひろしさんの、だるまさんシリーズ 『だるまさんが』を読んでいました。

すると、「だーるまさんが、…どてっ!」

と、読みながらページをめくったところで、娘が

「わはーっ!」

と笑ったのです。

うわあ、と感動してしまいました。

それからは、こちらも読み聞かせるのも楽しくなり、自分で新しい絵本を買ったり、図書館で探したりして、いろいろな絵本を読むようになりました。

わかやまけんさんの、こぐまちゃんシリーズ『しろくまちゃんのほっとけーき』は、娘の最初のお気に入りになった1冊。

だんだん意思表示ができるようになってくると、読み終わるとすぐに表紙に返して、何度も何度も読むようせがまれました。

離乳食後期にはホットケーキを焼いてみせると、大喜びで食べていました。

谷川俊太郎さん・元永定正さんの『もこもこもこ』は、1見開きページに1擬音の絵本ですが、1歳になるころには暗唱していて、絵本が目の前になくても、

「もこもこもこ」

と、こちらが擬音を言うと、

「にょきにょき」

と続きを言うようになりました。

娘の頭の中に絵本のページの記憶があって、一緒にめくることができるというのも、成長を感じるできごとでした。

図書館では「0才向け」「1才向け」のように細かく分類されていますが、2才向けくらいまでであれば、0才からでも十分楽しめるものがたくさんあると思います。

にしまきかやこさんの『わたしのワンピース』はちょっと長めのお話ですが、0歳代からちゃんと終わりまでついてくることに驚きました。

もうすぐ3歳の今では、自分でめくって

「はなのもようになりました!みずのもようになりました!」とわたしに読んでくれます。(ひらがなが読めるわけではなく、話の流れを覚えていて、そのときの自分の言葉で読んでいます)

わたし自身、子どもを産むまでは絵本に触れる機会は少なかったですが、夫はもともと本を読まない人なので、もっと極端です。

はじめは、「音読なんてやったことない」と言っていた人ですが、

「これまでの人生で読んだ本の数を、娘が産まれてから読み聞かせた数で軽く超えた」

と豪語しています(笑)。

わたしの声で読むのと、声音はもちろん、イントネーションや強弱、緩急の付け方が違って、同じ本でも違う物語みたいになって面白いです。

また、エリック・カールさんやtupera tuperaさんの美しい切り絵は、娘だけでなくわたしもすっかりファンになってしまい、お揃いのプリントTシャツなど着て楽しんでいます。

子どもが産まれたことをきっかけに、こんな風に自分たちの楽しみが広がることもあるんだなあと思うと、繰り返し読みで大変なのも報われるというものです。

娘はもうじき3歳。

そろそろ、ひらがなに興味を持ち始めたので、0才で最初に読み聞かせた本をもう一度出してあげようと思っています。

f:id:akasuguope02:20150719000544j:plain

著者:さんしょ

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳

もと(一応)理系。印刷会社、広告代理店で約10年働き、出産を機に退職。現在は育児をしながら在宅でデザインと印刷ディレクションをしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

寝るまで2時間抱っこは当たり前!孤独な”寝かしつけブルー”を救ってくれた支援センター
6ヶ月、ミルクのベビーとのお出かけにもっていくべき便利なグッズたち!
保育園は一時預かりでも入るのが難しい!子どもを預けて働くのはなかなか難しいと実感

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。