ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちみりちみりと酌み交わす。中田英寿さんこだわりの日本酒イベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本酒、飲んでますか?
「はい! 飲んでます」と即答できる人も「あんまり飲まないな…」という人も、思いっきり日本酒を楽しめるイベント「CRAFT SAKE WEEK @ 六本木ヒルズ屋台村」が2月5日(金)から14日(日)で開催されます。
プロデュースしたのは、元サッカー日本代表の中田英寿さん。現在、中田さんは、日本酒の世界認知を高める目的で設立された「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」の代表をつとめています。
「全国を周ることで得てきた日本酒の知識や、酒蔵の酒造りへの情熱、長年に渡り磨かれた技術を多くの人に発信、共有したい」
という思いから今回のイベントを企画しました。中田さんがこれまで足を運んだ酒蔵はなんと250以上! きめ細かな工程を経て生まれる日本酒は、繊細な日本の伝統的な「ものづくり」といっても過言ではありません。イベントでは、日本酒を愛飲している人でも日本酒初心者でも楽しめるように、日替わりでテーマを変え日本酒(会津中将、新政、獺祭、東洋美人、飛露喜など)が、総計100蔵分、用意されています。
日替わりのテーマもユニークで、
「宮城県で作られた日本酒を飲み比べる日」
「今勢いのある若手蔵元が造る日本酒を飲み比べる日」
など、毎日違うテーマが10日間続きます。

そして、日本酒といえば一緒にいただくお料理が重要。頬がよろこぶお料理と一緒にちみりちみりと日本酒を酌み交わせば、もう何も言うことはありません。
用意されているお料理も日本酒同様、中田さんこだわりの品ばかり。8年連続ミシュランガイドで星を獲得し続ける創作和食の名店「la bombance(ラ・ボンバンス)」は、スペシャルメニューを用意。さらに中田さんも常連客として通っているイタリアンレストラン「ひらた」やおでんの名店「件(くだん)」など、一切妥協なしです。
また日本酒を飲むときに必須な器にも中田さんの思いが反映されています。用意されているのは、中田さんが厳選した松徳硝子のグラスと美濃焼のお猪口。こちらのグラスとお猪口は自宅でも日本酒を楽しめるように持ち帰ることができます。さらに、イベント開催期間中に、このグラスを持参すれば、2回目以降の入場料は無料に! 1回参加すれば、それ以降の参加は実質フリーパスです。
イヤイヤ参加する会社の飲み会のお酒と、自ら楽しみたい!という意思をもって臨むお酒の場では、圧倒的に後者がしあわせ。そう、お酒は楽しむもの。美味しいと心から感じ、そこに集った人たちと楽しく語らう。それが素敵なお酒の嗜み方です。
「CRAFT SAKE WEEK @ 六本木ヒルズ屋台村」が開催される2月5日(金)から14日(日)までは、バレンタインそっちのけで、日本酒にどっぷりつかってしまいそう。
CRAFT SAKE WEEK @ 六本木ヒルズ屋台村
開催期間:2016年2月5日(金)〜2月14日(日)19:00〜21:00(L.O. 20:30)
会場:港区六本木6-11-1 六本木ヒルズアリーナ
入場料:CRAFT SAKEスターターセット 3,500円(税込)内訳:グラス+お猪口+お酒お酒・食事用250円コイン6枚分 ※2回目以降の入場用は、イベントで配布したグラス持参で無料
主催:JAPAN CRAFT SAKE COOMPANY
お問い合わせ先:03-5575-3950(JAPAN CRAFT SAKE COOMPANY)
チケットの購入はこちらから>>
(グリッティ編集部)


(グリッティ)記事関連リンク
トレンドじゃなくて永遠。プレッピーで完成する大人の優等生スタイル
ただただ感じて。 ビートたけしさんが「アートたけし」になって銀座に登場
男性の「友だちだと思ってた人に告白されたら?」にドキドキさせる返答

GLITTY
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP