ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ウォークラフト』のファンタジーな世界がテレビスポットで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月24日(現地時間)、レジェンダリー・ピクチャーズが手掛ける映画『ウォークラフト』の新しいテレビスポットが公開された。映像によると、人間とオークの関係は未だに不穏な状態にあるようだ。

ライアン・ロビンズは「やつらは獣だ」と語り、「一人残らず殺さなければならない」と続けた。

スポットはたった30秒の短い映像だが、3Dの壮大なファンタジーによるストーリーは、ブリザード・エンターテインメント社の人気テレビゲーム・シリーズ『ワールド・オブ・ウォークラフト』の世界観を垣間見せる。

映画『月に囚われた男』と映画『ミッション:8ミニッツ』のダンカン・ジョーンズが監督を務める。彼はチャールズ・リーヴィットと共に脚本も手掛けている。トラヴィス・フィメル、ポーラ・パットン、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー、ベン・シュネッツァー、トビー・ケベル、ルース・ネッガ、クランシー・ブラウン、ロバート・カジンスキー、ダニエル・ウー、アンナ・ギャルヴィンらが出演する。

このストーリーはアゼロスと呼ばれる大陸を舞台にている。かつて平和だった王国は、滅びゆく故郷から新たな植民地を求めるオークの戦士によって領土を侵攻される危機に直面していた。そしてポータルが開き、破滅に直面する軍と、絶滅に直面する軍の2つの世界がつながる。

本作品の最初の予告編は、昨年7月のコミコンで初公開された後、昨年11月にインターネットで公開されて評判となった。元々は昨年のクリスマスの公開を予定していたが、巨大な興行収入を誇る映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が同じく昨年12月18日に公開を予定していたため、日程を変更した。

この映画はレジェンダリー・ピクチャーズ、ブリザード・エンターテインメントとアトラス・エンターテインメントが製作する。

映画『ウォークラフト』は6月10日に米国で劇場公開される予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP