ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【長野】日本一広い石庭。心洗われる空間「興禅寺」へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

日本一のものがあるんです。そう案内してもらったのは興禅寺のお庭。

日本一広い石庭、とのこと。しかもこの興禅寺、木曽義仲のお墓がある歴史あるお寺でした。本当は春はしだれ桜が咲き、初夏の新緑の季節、秋の紅葉の季節と楽しめるのですが、冬はちょっと寂しいのは事実。でもそんな冬景色も素敵でした。寒々としていて、それがまた芸術味あふれるというか。なんだかお庭を見ていて心洗われるような感覚になりました。

看雲庭(石庭)

枯山水のお庭。これが日本一の広さを誇るという。

重森三玲氏による作庭。枯山水のこと、全然分かりませんが、それでもお庭を眺めてすがすがしい、心が落ち着く時間でした。

万松庭

斜面を利用した庭園で、枯山水とはまた違った美しさを感じます。

須弥山の庭

佛教でいう中心にたつ高山のことを須弥山と言うんだそうです。平成11年に作庭したという、わりと新しいものです。

昇龍の庭

下流から勢い良く上流へ昇った鯉はそのまま龍と化して昇天するという、言い伝えを表現しているとか。親子三体の龍の昇天する上流と、鯉がこれから龍になろうとしている下流を表現していると言われ、見てみると石それぞれが勢い良く感じてくるから不思議なものです。

この他にも玄関の天井絵や、宝物殿など歴史を肌で感じられる興禅寺でした。

[寄稿者:まちむすめ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/machimusume/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP