ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ざわちん、素直な心を描いたアーティストZawachinとして本格的な音楽活動を宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ざわちんが「ざわちん音楽化プロジェクト」を立ち上げ、自身の表現の一つの手段として”Zawachin”名義のもと、アーティスト活動を行うことが決定した。ユニバーサル・ミュージックと提携した新レーベル「star」より、4月に1stシングル「まだ見ぬセカイ」を発売する。現在、着々とデビューに向けての準備が進められている。

ざわちんはものまねメイクを通してタレント活動を行ってきたが、以前から音楽面にも強い関心を注いできたという。昨年は、8utterfly(バタフライ)「100年の恋…つきあってた証 feat. Mr.Low-D」のミュージックビデオに役者として出演、さらにコンピレーション・アルバム「らぶmix powered by ざわちん」ではジャケットモデルとして起用されている。

また、これまでにも安室奈美恵や浜崎あゆみ、倖田來未から、ジャスティン・ビーバーやL’Arc~en~Cielのhydeのものまねメイクも手がけているように、直接、音楽表現をしていないだけで、本人は音楽活動にも強い関心を示してきた。そんな彼女の強い意志を受け、「ざわちん音楽化プロジェクト」が立ち上げられた。

デビュー曲は、キュンと胸を疼かせる切なさを秘めながらも、これから始まる未来へ向けての希望に心弾ませてゆく、今のZawachinの心情を自らの作詞でリアルに投影した作品になっている。スケールあふれた音の中、切なさと開放的な要素をクロスオーバーさせながら、触れた人の気持ちに優しく光や希望を注いでゆく親しみを覚える曲調なのも嬉しい。

いわゆる話題性を集めるために作品を出すのではなく、これからもコンスタントに作品の枚数を重ね、ライブ活動も視野に入れてと、音楽面にも本腰を入れた展開を行うための準備を確実に進めている。その一環として、今後、彼女の音楽活動を支える「バックバンドメンバーオーディション」と、Zawachinの魅力をより際立たせてゆくための楽曲を手がける「クリエイターオーディション」を行う計画もあるという。

ざわちんとしてはマスク姿がトレードマークになっているが、Zawachinでは等身大の彼女自身を投影してゆくことから、マスクを取ったスタイルで勝負。真似する相手へ極力寄り添うことで魅力を放つ「ざわちん」から、素顔と素直をさらけだし等身大を魅力にしてゆく「Zawachin」に変貌する。

ZAWA CHIN オフィシャルサイト
http://zawachin-star.com/

関連リンク

■ざわちん 公式ブログhttp://ameblo.jp/zawachin
■ざわちん 公式twitterhttps://twitter.com/kaori_0816

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP