体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2/1付ビルボードジャパンチャートおよび1/18~1/24 RADIO ON AIR DATA発表

2/1付ビルボードジャパンチャートおよび1/18~1/24 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による2月1日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年1月18日〜1月24日)および2016年1月18日〜1月24日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

NEWS「ヒカリノシズク」セールス大差でビルボード総合首位、SMAPはμ’sを押さえ2位をキープ

フジ系ドラマ『傘をもたない蟻たちは』主題歌、NEWS「ヒカリノシズク」が約15万枚を売り上げ、セールス1位、ルックアップでも1位となり、総合Billboard JAPAN Hot100で首位を獲得した。このドラマはメンバーの加藤シゲアキが原作、本人も出演することで話題性も高く、ラジオ28位、Twitter4位とフィジカル以外のデータでも高ポイントを獲得している。

SMAP「世界に一つだけの花」は約4万5千枚のセールスとなり、シングルセールスで3位。Twitterは9万6千ツイートとなり、前週の19万ツイートよりは落ち着いたものの、引き続き1位を守っている。ちなみに今週Twitter2位は、GENERATIONS「AGEHA」で、約4万ツイートで、ダブルスコア以上の大差を付けている。「世界に一つだけの花」はラジオでも急浮上、徐々に落ち着きをみせているとは言え、SMAPに対する注目度の高さは今回の件でも抜群であることがよく分かる結果だ。

ダウンロードで1位となったのは、AI「みんながみんな英雄」。au『三太郎』シリーズCM新作の楽曲ということで、各キャリアで軒並み1位となっている。同CMからのヒット「海の声」もダウンロードで2位と、こちらはMステの出演効果もプラスに働いている。両曲ともストリーミングが始まっているが、こちらは10位圏外と、ダウンロード購入にユーザーが傾いている。

冬の大型CMタイアップといえば、『JR SKISKI』。セカオワとback numberに続く今回は、MAN WITH A MISSION「Memories」で、まだまだ総合Hot100では圏外だが、既にラジオでは51位に初登場しており、次週フィジカル・リリース後のチャート展開に注目だ。

「ラブライブ!」BiBiがアニメチャート首位で3連続リリース大成功 12年越しアジカン「Re:Re:」が今週20位に

6曲が初登場となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、初登場1位を飾ったのが人気プロジェクト「ラブライブ!」シリーズから派生したミニユニット、BiBiによるニューシングル「錯覚CROSSROADS」だ。

BiBiは絢瀬絵里(南條愛乃),西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)というμ’sの3名による編成。今回のシングルは『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のユーザー数が全世界で2000万人を突破したことを記念してリリースされた“3か月連続リリース・シングル”の第3弾。アニメチャートで圧倒的な強さを誇る「ラブライブ!」シリーズだが、第1弾のPrintemps「WAO-WAO Powerful day!」、第2弾のlily white「思い出以上になりたくて」と、この3か月リリースでも全て首位を記録した。

そのポイント構成を見ると、やはりCDセールスやルックアップといったフィジカル要素のポイントが大きいものの、デジタルセールス単体でも「錯覚CROSSROADS」は今週1位となっており、必ずしもフィジカルだけに依存しているわけでは無いことが分かる。また、同シングルのB面に当たるBiBi「PSYCHIC FIRE」も、こちらはデジタルのポイントのみに関わらず今週16位にチャートイン。さらに、この2曲に引き上げられる形で、前述の第2弾シングル、lily white「思い出以上になりたくて」も12位に再浮上している。

先週1位の稲葉浩志「羽」(『名探偵コナン』オープニング曲)は今週は2位に転落。続いて3位にはソナーポケット「ベストフレンド」(『虹色デイズ』オープニング)が初チャートインした。後者はCDセールスで3位と健闘したほか、ラジオでも3位に。アニメ系楽曲が薄くなりがちなラジオのポイントを稼いだことが、4位以下の初登場楽曲との差につながった。また、先週2位のMrs.GREEN APPLE「Speaking」(『遊☆戯☆王ARC-V』エンディング曲)は今週も5位と上位につけ、引き続き注目度の高さを見せつけている。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会