ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シフト、展示物の情報をスマートフォンに自動表示させるiBeaconを活用したAndroidアプリ「館ナビ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シフトは、美術館や博物館などで展示物の情報を Android 上に自動表示する iBeacon アプリ「館ナビ」をリリースしました。アプリは無料で配信されています。「館ナビ」は、博物館や資料館などの展示物の近くに設置された iBeacon に近づくと、スマートフォンの画面上に展示物の情報が表示されるアプリです。スマートフォンに表示される情報は写真、文章、音声、動画などで、情報の提供者は自身で配信する情報を作成でき、展示物の詳細をユーザーに教えることができます。アプリは多言語対応なので、英語で展示部を紹介するなど、外国人向けに情報を配信することもできます。今のところ、「館ナビ」に対応した施設は、「大阪学院大学」、「東京証券取引所」、「兵庫県立人と自然の博物館」、「八ヶ岳自然文化園」の 5 箇所となっています。アプリは Android 4.4 以上の Bluetooth LE 対応端末で利用できます。また、これらの機種では Bluetooth と GPS を有効しておく必要があります。「館ナビ」(Google Play ストア)

■関連記事
Sony Mobile、「Xperia Weather」をv1.1.A.0.8にアップデート
KEYROUTE、「アイ」のプロローグアプリ第5弾「ねこフレンズ ~トミー編~」をリリース
NTTドコモ、「Nexus 5X」購入者向けキャンペーンの特典の適用対象をこっそり修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP