ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイヤレス充電に革命!?Wi-Fiシグナルを電気エネルギーに変換する革新技術がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qi給電など、ワイヤレス充電の技術が登場しているものの、現状ではケーブルで接続し、デバイスを充電する方法がまだまだメジャー。

今、Vamsi Talla氏らを中心とするワシントン大学のチームで研究開発が進められている技術は、ひときわ異彩を放っている。

・Wi-Fiシグナルを充電エネルギーに変換

最大約85メートルの範囲内で、中空のWi-Fiのエネルギーを使ってバッテリーの充電に充てようという試みだ。

このシステムは、アクセスポイント(ルーター)と、独自設計のセンサーの2つで構成され、センサーがRF(無線周波)のエネルギーを集めて、直流電源へと変換する。

・独自のソフトウェアを開発、既存のルーターを活用

チームとしては、既存のWi-Fiルーターを活用したいと考えており、実験ではAsusのルーターを使用。カスタム設計のソフトウェアを導入することで、ルーターを普通のWi-Fiルーターとしての機能と同時に、Wi-Fiシグナルのエネルギー変換装置としても機能させる。

独自開発のセンサーが内蔵されたバッテリーは最大約85メートル、カメラは約52メートル、温度センサーは約61メートルの範囲内で動作することを確認したという。

・スタートアップを設立、技術向上を目指す

すでにシアトル付近の6軒の家でテストが実施されており、ハードウェア制作会社と共同でスタートアップの会社を設立。Wi-Fiシグナルの妨げとならないよう、また少しでも効率的にエネルギーを集められるよう、技術のブラッシュアップに励み、市場化させていきたい意向だ。

ケーブルレスで、同時にエネルギーの有効活用もできるすばらしい技術が、私たちの身近な存在となる日も近いのかもしれない。

University of Washington

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP