ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

我慢しない嫁が増加 男女平等教育で変わった嫁姑関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いつの時代でも家族の問題として立ちはだかるのが嫁と姑の関係だ。ひと昔前なら、姑による嫁いびりが当たり前だったが、時代が変わるとともに、嫁に干渉しない姑も増えているという。家族問題評論家の池内ひろ美さんはこう話す。

「私たちの間でも、今のお嫁さんはいいよね、という話をよくします」

 池内さんの世代はちょうど今、「嫁」から「姑」に変わる世代。池内さんがかつて嫁だった時代には、お正月とお盆は必ず夫の実家に帰省するのは当たり前のことだった。年末になると白いエプロンを持参して、姑と一緒におせちを作り、大掃除。義両親に渡すお年賀のお菓子や、お年玉まで準備したという。

「帰省するのが嫌で、なんとか仮病を使ってでも逃れる方法はないかと毎年思っていました。でも逃れられない。そんな時代でした。今はそんなことないですよね。夫と妻がそれぞれの実家に別々に帰省するというご夫婦も珍しくないですし、ベッキーなんて、“親しい友人”なのにお正月に相手の実家に行ってしまうんですから。そういうかたを実家も受け入れる。あのニュースを聞いた時は、日本の文化もここまで変わったかとびっくりしました」(池内さん)

 こうした変化の背景には、晩婚化や女性の社会進出による経済的自立、離婚率の増加などが挙げられる。しかし、原因はそれだけではない。大きく影響しているのは子育てだという。

「姑との関係でつらい思いをしてきたお母さんが、息子に、“男だからって威張らないで、女の子にはやさしくね”と言い聞かせて育ててきました。娘を育てるときは“女だからといって我慢しなくていいのよ。自分の意見をもってキャリアを持ちなさい”と。結果として、やさしい夫、物言う妻ができあがったのです」(池内さん)

“鬼嫁”や“肉食女子”に象徴されるように女が強くなり、草食男子がモテる。息子の親は、離婚されたらどうしようと遠慮するようになった。

 3人の息子がいる主婦(兵庫県在住・56才)は息子たちの幸せを望みながらも、ストレスを隠せない。

「この間のお正月は、それぞれ奥さん、婚約者、彼女を連れてきました。まだ結婚していない子もいますが、全員を“平等に大切”にしないといけなくて、大変でした。どのお嬢さんも一人娘で大切に育てられていて、私を含めて周囲に気を使うなんていうことがなかなかできないみたい。

 婚約者から有名店のケーキをもらって、彼女から手作りクッキーをもらったりしたとき、ちょっとでも扱いに差をつけると、へそを曲げて、後で私が息子から怒られるんです。男の子なんて彼女ができたらそっちが大事。今からこんなに気を使うくらいなら、結婚したら距離を置いたほうが楽じゃないでしょうか」

 嫁に気を使い、孫の面倒も見るのに、孫育てに口を出したら怒られる。嫁としても、“嫁だから我慢する”という価値観がないからこそ、気の合わない義両親とは暮らしたくないし必要以上につきあいたくない。でもやっぱり“嫁に言うべきことは言いたい”──。

「言っていいんです。今のお嫁さんたちは“言ってもらってできることはする、嫌なことはしない”というわかりやすいスタイル。教えてもらってないから、知らないだけということもある。言われた嫁も、嫁だからって全部受け入れるわけじゃないけど、伝えないことにはわかりませんから。嫁も知らないからやらないだけで、悪気はないんです」(池内さん)

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
池内淳子さん 長門裕之の「僕と外泊した」を完全否定してた
池内淳子さん 三越の呉服売り場の「美人すぎるデパガ」時代
池内淳子さん 「心の準備は若いうちからしておくべき」と語っていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP