ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日光】3500個ものキャンドルで夢心地♪ 幻想的冬景色を楽しむ日光観光プラン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日光ですでに毎年恒例になったイルミネーション。日光はこの時期、特に空気が澄んでいるため、その美しさは際立っています。是非、恋人とでかけ、一緒に忘れられない思い出をつくりましょう。

日光の地元の美肌温泉と、採れたて新鮮野菜で体をチャージ。冬のプランに是非含めていただきたい日光の幻想的な冬景色を楽しむ旅をたっぷりご紹介します。

1、奥日光湯元温泉雪まつり 雪灯里〜ゆきあかり〜

日光に繰り広げられる雪と光のファンタジー♪

メイン会場である温泉街の中心「湯元園地」に、約800のミニかまくらが出現

人が余裕で入れる大きなかまくらも

豊富な雪をいかして奥日光の夜を明るくしようと始められたイベント

「氷彫刻奥日光大会」では全国の有名シェフや彫刻師たち約10点の力作をライトアップ

高さ約40cmのミニかまくらと雪の壁にろうそくが灯る

2015年、夜景鑑賞士4500名が選んだ「イルミネーションアワード総合エンタテインメント部門」で第10位に輝きました。

開催期間は2月13日から27日まで、点灯時間は日没後から22時までです。他にも2/13には湯ノ湖湖畔で「冬花火」、1/30(土)から氷が溶けるまで(約2週間)は湯元園地で「氷彫刻奥日光大会」と、イベント盛りだくさんで、目が離せません。 奥日光湯元温泉雪まつり 雪灯里〜ゆきあかり〜

TEL/0288-62-2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合)

住所/栃木県日光市奥日光湯元温泉(湯元園地)

アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより50分

※県営湯元駐車場を利用(無料)

「奥日光湯元温泉雪まつり 雪灯里〜ゆきあかり〜」の詳細はこちら

2、日光キャンドルページェント2016

3500個ものキャンドル!神秘的な光の世界に夢心地。

日光山岳信仰の浄土を舞台に演出される

並び地蔵(化け地蔵)が並ぶ通りに数千のキャンドルが灯される

2/12~14の3日間限定の花火(18時から約10分)。ライトアップされた神橋(しんきょう)と光の共演!

今年11年目を迎えた、冬の日光を彩る一大イベントが「日光キャンドルページェント2016」です。

大谷川が荒々しい流れを見せる景勝地・憾満ヶ淵(かんまんがふち)が舞台。辺り一帯にキャンドルが灯り、幻想的な雰囲気に包まれます。

2/12(金)~14(日)の花火も見逃せません。開催期間は、2/10(水)~2/14(日)、点灯時間17時~20時(最終日は~19時30分)、見学無料です。 日光キャンドルページェント2016

電話/0288-54-3126(日光温泉旅館協同組合)

住所/栃木県日光市憾満ヶ淵周辺

アクセス/日光宇都宮道路日光ICより8分

※日光総合会館市営駐車場を利用(17時より無料)、そこから会場まで無料送迎あり

3、日光湯元スキー場

日光のパノラマビューを楽しみながらスキー!

幅が広く緩斜面が多いので初心者もOK

日光湯本スキー場は、日光国立公園の中心に位置し、戦場ヶ原、男体山や奥白根、湯ノ湖を望む景観が壮大。この大自然の中で滑走するスキーは最高!

19歳はリフト無料、20歳もお得な特典がある「雪マジ!」参画ゲレンデ!(詳細は「雪マジ!」で検索。アプリは「マジ☆部」をダウンロード)

オープン期間は、12/25(金)~3/31(木)、リフト1日券は中学生以上3500円、3歳~小学生2500円です。 日光湯元スキー場

TEL/0288-62-2532

住居/栃木県日光市湯元温泉

営業時間/月~土9時~16時(日祝は8時30分~)

定休日/期間中はなし

アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより50分

「日光湯元スキー場」の詳細はこちら

4、野菜cafe 廻(めぐり)

地元日光の新鮮素材をたっぷり使用

メニューは変更する可能性があります

スイーツも植物由来のみ

骨董店だった建物を改装

ここのレストランで提供される食事は肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を一切使用せず、できる限り日光産、県内産の自然栽培野菜や無農薬野菜を使っています。玄米・雑穀、天然醸造の伝統調味料にもこだわりがあります。

ベジタリアンの方のみならず、すべての方に野菜の本来のおいしさを味わっていただけるレストランです。 野菜cafe 廻

TEL/0288-25-3122

住所/栃木県日光市中鉢石町909-1

営業時間/冬期は12時~17時(LO16時30分)

定休日/木・金(その他、臨時休業あり)

アクセス/日光宇都宮道路日光ICより10分

5、奥日光小西ホテル

美肌湯と名高い乳白色のにごり湯。

雪も温泉の湯も、一面「白」の世界に

奥日光小西ホテルの温泉は、やや緑がかった濃厚な乳白色で、源泉100%かけ流しです。硫黄の心地よい香りに包まれながら、体の芯から温めてくれます。湯上がりは、肌がしっとり、化粧水いらず。

雪が降ると、露天風呂の周りは真っ白、いかにも情緒たっぷりの景色ですよ。入浴料は中学生以上1000円、小学生以下800円です。 奥日光小西ホテル

TEL/0288-62-2416

住所/栃木県日光市湯元温泉2549-5

営業時間/13時~21時

定休日/不定 ※繁忙期は利用不可の場合あり

アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより40分

「奥日光小西ホテル」の詳細はこちら

まとめ

体が芯から温まる温泉から、美しいイルミネーション、爽快なスキー、冬の日光は魅力たっぷりです!

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

世界各国の有名建築物が幻想的ライトアップ♡冬の鬼怒川観光おすすめスポット5選
パノラマ絶景、灯ろう祭り…。佐賀県の古湯温泉&武雄温泉で冬の一押しドライブ2コース
目玉の「冬花火」を見てお泊りデートしたい♡山梨・河口湖のおすすめ5スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP