ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題のガールズ・グループ=フィフス・ハーモニー、ジャスティン・ビーバーを抑え洋楽チャート堂々の1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

話題のガールズ・グループ=フィフス・ハーモニー、ジャスティン・ビーバーを抑え洋楽チャート堂々の1位に

 遂に日本デビューを果たした米ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニーの「ワース・イット feat.キッド・インク」がBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で初の首位を手にした。

 ワン・ダイレクションを輩出した英人気オーディション番組『Xファクター』のUS版から飛び出した、平均年齢19歳のフィフス・ハーモニー。彼女たちの日本デビュー作となる、米ビルボード・アルバム・チャート5位記録の『リフレクション』からのリード・トラックとなる「ワース・イット feat.キッド・インク」は、アルバムの日本リリースにあわせ、エアプレイ・チャートで急発進し、4位に順位を上げたことにより、洋楽チャートでは初の首位をマークする結果となった。今週初来日を果たし、ファン・ミーティングを行うなどメディア露出が増えることもあり、来週も首位をキープすることが予想される。

 一方、ジャスティン・ビーバーは、先週と変わらず2位&3位に停滞しているものの順位が入れ替わり、エアプレイやツイート・ポイントに後押しされ「ソーリー」が2位へとランクを上げてきている。デジタル・セールスやYouTube再生回数においては、3位の「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」と僅差なため、今後のキーとなってくるのはエアプレイの動向だろう。加えて、現在全米&全英で2位をマークしている「ラヴ・ユアセルフ」が再びTOP20圏内に浮上してきており、海外においての話題とともに、今後日本でもさらなるチャート・アクションが期待できるだろう。

 イーグルスの創設者の1人であるグレン・フライの死を受け、イーグルスの「テイク・イット・イージー」はエアプレイとツイート・ポイントを蓄積し、13位に登場。先週、TOP20圏内に7曲エントリーしたデヴィッド・ボウイ関連楽曲は、今週18位に「ラザルス」、19位に「レッツ・ダンス」の2曲が引き続きランクインしている。

関連記事リンク(外部サイト)

2月1日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
NEWS「ヒカリノシズク」セールス大差でビルボード総合首位、SMAPはμ’sを押さえ2位をキープ
back number『シャンデリア』が約1か月ぶりの首位に、miwaのバラードコレクションは一歩届かず

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。