体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロカメラマン直伝! みんなに「いいね!」をもらえる、初心者にオススメの写真テクニック

プロカメラマン直伝! みんなに「いいね!」をもらえる、初心者にオススメの写真テクニック

はじめまして、フリーカメラマンのつるたまです。

個人ブログ・一瞬一撮などで撮影やカメラ系の記事を執筆したり、フリー素材サイトぱくたそに写真提供したり、WEBのおもしろそうなところに顔を出しております。

つるたま

f:id:tany_tanimoto:20150929144939j:plain

2002~2007年 プロレス専門誌『週刊ゴング』の撮影を担当。

2007~2010年 キヤノンビジネスサポートなどに勤務し、顧客サービスやスタッフ育成などを担当。現在はフリーカメラマンとして撮影を行うほか、WEBライターとしても活動中。

旅行先での風景、外食先での食事などを撮影して、SNSにアップしている方も多いのではないかと思います。けれど、「アップしたけれどあまり反応がない」「 思うように撮れない」と悩んでいる人もいるのでは?

そんなカメラ初心者でもカンタンに、美しく撮れる写真のテクニックをご紹介します。今回、撮影に使ったのはiPhone6。高価なカメラを使わなくても、「相手に伝わる」写真は撮れますよ!

スマホの写真が見違える! 「色とフレーミング」を意識するテクニック

デジタル技術が発達したので、スマホで撮影しても、アプリでキレイに仕上げることができます。僕が使っている「Snapseed」「VSCOR」は、エフェクトも多彩なのでオススメですね。撮影や画像編集の際に、具体的にどんなことを意識すればいいのか、テクニックをご紹介します。その際にどんなことを意識すればいいのか、テクニックをご紹介します。

明るさや色で、写真の印象はガラリと変わる

Q: この写真を見てどんな印象を受けますか?

f:id:tany_tanimoto:20160121162721j:plain

Aはスマホでそのまま撮影した写真、Bは撮影後アプリで補正した写真です。

写真が適切な明るさではない場合、暗い印象や意図していない被写体に目線が引っ張られてしまい、撮影者の思惑とは異なった印象を与えてしまいます。撮影した後は、アプリで適切な明るさに補正すると、印象はグッと良くなります!

写真に入る色はなるべくまとめる

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会