体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1000人で地球一周の船旅へ!私がもう一度乗船したいと思える5つの理由

1000人いるということは、性別も年齢も仕事も出身地もみんなバラバラです(ちなみに通訳やクルーは外国の人が多いですが、乗船者はほぼ日本人です。)

 

年齢の上限もありません。普段関わりのないおじいちゃん・おばあちゃん世代と関わるのもいいし、全く違う業界で生きてきた人と関わるのも面白いですよね。

こんなに年齢も職業もバラバラな人が集まっているのはPEACE BOATくらいじゃないでしょうか。

1000人で一緒に旅してみませんか?

 

4. 誕生日にたくさんの人から祝福される

P1020425のコピー

photo by RORO

3ヶ月の旅に出るということは、船で誕生日を迎える人もいるのです。しかも1000人も乗っているので、会う度に「おめでとう」と言われます。

ディナーの時に誕生日を祝ってくれるのですが、音楽が鳴り始めるとみんな誕生日の人の席に向かいます。ケーキも登場し、「Happy Birthday」と大勢の人に祝福されます。

 

1日でこんなに大勢の人から祝ってもらう経験なんて中々ないので、盛大に祝って欲しい人、船に乗りましょう!

ちなみに私は船で誕生日が過ごせなかったので、もう一度乗るとしたら誕生日に合わせて乗りたいと思っています。

 

5. 帰国したら日本中に仲間がいっぱい

IMG_3441のコピー

photo by RORO

帰国する時はとても寂しかったですが、船旅だけで終わらないのがPEACE BOAT。日本中に会いたい仲間がたくさんできます。

旅行で訪れる先に誰かしら住んでいるので、宿泊場所には困りません。と同時にその場所に遊びに行く理由もできます。それって素敵なことですよね。

 

地球一周したからそこで終わりではなく、帰国してからも旅が続いている!PEACE BOATが目指しているのはその部分ではないのでしょうか。

一気に仲間を作りたいなら船旅をおすすめします。

 

まとめ

紹介した5つの理由以外にもPEACE BOATにはたくさんの魅力が詰まっています。旅をして世界をもっと知りたい人、これから地球一周をしたいと考えている方、PEACE BOATもその手段の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

想像できない未来があなたを待ち受けているかもしれませんよ。

地球一周の船旅はこちらから

前のページ 1 2 3
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy