ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1000人で地球一周の船旅へ!私がもう一度乗船したいと思える5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「地球一周」誰もが憧れますよね?私は今から5年前、2011年4月に「PEACE BOAT」で地球一周を経験しました。バックパッカーでもなく、飛行機を一度も使うことなく、船の旅に出ました。

これから地球一周を考えている人もいると思いますが、私はバックパッカーではなく「PEACE BOAT」で旅に出ることをおすすめします。その理由を5つ紹介していきたいと思います。

 

船で地球を一周

photo by RORO

まず初めにPEACE BOATについてご紹介いたします。

PEACE BOATは国際NGO団体で、貧困で苦しむ地域に足を運び、支援物資を届けたり、カンボジアの地雷廃絶のためのキャンペーン、自然破壊が進むガラパゴス諸島での植林ボランティアなどを行っています。

海外だけではなく、東日本大震災の際も現地に行ってボランティア活動を行ったり、支援物資を届けたりもしています。

 

一番大きい活動としては船で地球一周をしながら、様々な国や人々と交流を行ったりしています。船旅は、約3カ月の間に世界の約20ヶ国を訪れます。一年間に3回、船は地球を周る旅に出ます。

観光目的だけではなく、現地の人との交流できるプログラムがあったり、各分野の専門家の方が講演会やワークショップを行ったりと、普通の旅とはちょっと違う体験が味わえます。

 

航路や時期も各クルーズによって違うので、リピート乗船する人も多数います。では乗ったほうがいい5つの理由を紹介していきます。

 

1. 重たい荷物を持って移動しなくて良い

photo by shutterstock

普通バックパッカーだと、重たい荷物を持って移動しますよね?しかし、船で移動する=荷物を持って移動しなくていいんです!

約20ヶ国を訪れると前述しましたが、毎回寄港地に降りる際は、船の中に荷物を置いて必要最低限な物だけを持ち運びます。船が家替わりになるので、重たい荷物を持って移動することがありません。

 

どうですか?すごく楽じゃないですか?重い荷物を持って移動するのって結構ストレスになりますが、必要な物だけ持っていけばいいのでとても身軽に行動できます。

 

2. 現地の人と触れ合えるツアーがある

photo by RORO

PEACE BOATの利点は、現地の人と触れ合うツアーがあることです。

私が実際に体験したツアーは、日本語を学んでいる学生と交流する内容でした。エジプトとモロッコの2ヶ国で交流ツアーを取りました。

 

遠く離れた場所で、日本語を学んでいる学生と交流できるなんて、とても貴重な経験になりました。ちょうど震災が起きてすぐの時期だったので、行く先々で「日本大丈夫?」と心配されたのを覚えています。

私がとても印象に残っているのは、モロッコの交流ツアーです。現地の学校に訪れた時、日本への応援メッセージが教室の壁一面に貼られていました。

photo by RORO

photo by RORO

「にほんがんばって」「こころはいっしょです」その言葉を見てとても温かい気持ちになりました。そして日本はこんなにも愛されている国なんだと誇らしく思えました。

また、私たちのために歌ってくれた「さくら」の歌にとても感動したのを覚えています。たとえ国は違っても、言葉は違っても同じ「地球」で生きているんだということを実感した瞬間です。

 

「モロッコの学生が歌ってくれたさくら」

学生と交流するツアー以外にも、先住民族と交流したり、一般家庭に訪問するツアー、ベネズエラ青少年オーケストラシステムと交流ツアー、現地の人とサッカーをするツアー、農村体験をしたりと普通の旅では体験できないツアーが盛りだくさんです。

普通の旅じゃ物足りないあなたにオススメです。

 

3. 1000人と旅ができる

photo by RORO

PEACE BOATは各クルーズ、約1000人前後の乗船者がいます。こんな大人数で一緒に行動する機会なんてまずないと思います。

1000人いるということは、性別も年齢も仕事も出身地もみんなバラバラです(ちなみに通訳やクルーは外国の人が多いですが、乗船者はほぼ日本人です。)

 

年齢の上限もありません。普段関わりのないおじいちゃん・おばあちゃん世代と関わるのもいいし、全く違う業界で生きてきた人と関わるのも面白いですよね。

こんなに年齢も職業もバラバラな人が集まっているのはPEACE BOATくらいじゃないでしょうか。

1000人で一緒に旅してみませんか?

 

4. 誕生日にたくさんの人から祝福される

photo by RORO

3ヶ月の旅に出るということは、船で誕生日を迎える人もいるのです。しかも1000人も乗っているので、会う度に「おめでとう」と言われます。

ディナーの時に誕生日を祝ってくれるのですが、音楽が鳴り始めるとみんな誕生日の人の席に向かいます。ケーキも登場し、「Happy Birthday」と大勢の人に祝福されます。

 

1日でこんなに大勢の人から祝ってもらう経験なんて中々ないので、盛大に祝って欲しい人、船に乗りましょう!

ちなみに私は船で誕生日が過ごせなかったので、もう一度乗るとしたら誕生日に合わせて乗りたいと思っています。

 

5. 帰国したら日本中に仲間がいっぱい

photo by RORO

帰国する時はとても寂しかったですが、船旅だけで終わらないのがPEACE BOAT。日本中に会いたい仲間がたくさんできます。

旅行で訪れる先に誰かしら住んでいるので、宿泊場所には困りません。と同時にその場所に遊びに行く理由もできます。それって素敵なことですよね。

 

地球一周したからそこで終わりではなく、帰国してからも旅が続いている!PEACE BOATが目指しているのはその部分ではないのでしょうか。

一気に仲間を作りたいなら船旅をおすすめします。

 

まとめ

紹介した5つの理由以外にもPEACE BOATにはたくさんの魅力が詰まっています。旅をして世界をもっと知りたい人、これから地球一周をしたいと考えている方、PEACE BOATもその手段の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

想像できない未来があなたを待ち受けているかもしれませんよ。

地球一周の船旅はこちらから

TABIPPO.NET
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP