ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タサキの新レザーコレクション「TASAKI por RELIQUIAE」が来春ローンチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

neol201601271

タサキといえば、すぐに思い浮かぶのは、ジュエリーですよね。
タクーンやマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックなど、世界各国のクリエイターとのパートナーシップで、美しさだけでなく革新性と洗練されたデザインを併せ持つアイテムを送り出してきた、日本を代表するジュエラー、タサキ(TASAKI)。でもこれまでにもジュエリーとともにレザーアイテムも発売してきたました。そしてこの春初めてのレザーグッズのコレクションをスタートします。

neol2016012712

新コレクションにあたり、パートナーシップを組んだのは、スペインの伝統工芸やクラフトマンシップを尊重しながら、現代的なデザインで知られるブランドレリキアエ」で、デザイナーはブランドレリキアエのデザイナーのエクター・ハレーニョ・アミエバ氏とアドリアン・ディアス・ロペス氏。
タサキの根幹となっている3つの要素である「Quality」「Creativity」「Craftmanship」が息づくレザーコレクション「TASAKI por RELIQUIAE(TASAKI ポル レリキアエ)」は、素材の調達からメタルパーツの製作、レザーの縫製まで、製作過程のほとんどをRELIQUIAE同様にスペインの伝統的な製法で行われています。

neol2016012713

ファーストコレクションでは、スペインの現代アートやホアキン・パラオシスの建築などにインスピレーションを得ながら、ユニークな建築フォルムをポータブルなアイテムに落とし込みました。上質なカーフレザーを使ったバッグ12アイテム(予価10万円~30万円)と、スモールレザー6アイテム(予価5万円~10万円)をそれぞれのアイテムに合わせたカラーバリエーションで展開します。多彩なラインナップに胸が高鳴らずにはいられないはず。

neol2016012714

発表にあたりアミエバ氏とロペス氏が来日。記者会見では「タサキがパールやダイヤモンドの品質を大事にしているように、私たちはレザーのベストの品質を追求しています。スペインのレザーというのはとてもやわらかく、なめらかで、ヨーロッパのなかでもほかを追随しない品質を保っています。そうして集めたなかからでも職人が選び抜いた品質のものでレザーの製品を作っています」と語ったのだとか。

2016年2月下旬から、タサキ 銀座本店、東京ミッドタウン店で発売予定なので、乞うご期待!

公式サイト
http://www.tasaki.co.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。