ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたもキャスターに!iPhoneからポッドキャストを配信できるアプリ「ZCast」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オーディオ配信専門のポッドキャストでは、ニュースや英会話、音楽などさまざまな情報が配信されている。

それらを聴くだけではなく、発信する側になれるアプリ「ZCast」がこのほどリリースされた。これを使えば、自分のスマホやPCから不特定多数に向けて簡単に「マイキャスト」を発信できる。

・iOSデバイスから生放送

Zcastを一言で言うならTwitterの映像ライブストリーミングアプリPeriscopeのオーディオ版。あるいは、ラジオ生番組のキャスターになれるもの、という見方もできるだろう。

そこにアンテナや録音設備、スタジオなどは必要ない。手元のiPhoneもしくはMacでできるのだ。

・ゲストを招いて「トーク番組」にも

使い方はとてもシンプル。まずトピックのジャンルを選び、ボタンを押して話し始めるだけ。ライブ配信するか、日時を指定して配信するかを選べるようになっている。

レコーディングには友達などのゲストを招くこともできるので、トーク番組のようなキャストもできそうだ。

・Twitterで配信告知

そしてこのアプリはTwitterと連携していて、ユーザーがフォロワーのフィードに「間もなくポッドキャスト配信始めます」といった告知を流せる。

告知を受け取ったフォロワーはZCastアプリをダウンロードしていなくても視聴が可能となっている。

ひと昔前は、個人が情報発信するツールとしてブログがあり、今ではYouTubeやSNSの活用が多い。だが意外にオーディオ専門は見当たらない。

これからは生声による「マイ・ポッドキャスト」の時代が来るかも?アプリのダウンロードは無料なので、興味のある人はトライしてみて。

ZCast

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP