ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薬剤師に聞く!《市販薬》と《処方薬》何がどう違うの?

  • ガジェット通信を≫

■ 違いを知って、正しく薬を服用する

最近では、第一医薬品に分類される処方薬と同じ成分を含む市販薬も増えつつありますが、皆様は、市販薬を選ぶ際、処方薬との違いなどを考えていますか?具体的にどういった違いがあるかお話ししましょう。

■ 市販薬とは

薬局•ドラックストアなどで売られている薬のことで、自身で選んで服用することができます。上手に活用することで病気の予防や回復、健康の維持•増進に効果大。

■ 気になる、市販薬の分類

市販薬は、処方せんなしで購入することができますが、副作用などのリスクに応じて第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品に分類されます。それぞれの特徴は下記の通り。

<第1類医薬品>

薬剤師でなければ販売することはできず、副作用、相互作用などの安全性上、特に注意を要するものです。

<第2類医薬品>

薬剤剤師が不在の場合でも、登録販売者が販売でき、副作用、相互作用などの安全性上、比較的注意を要するものです。

<第3類医薬品>

薬剤師が不在の場合でも、登録販売者が販売でき、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。第1類医薬品や第2類医薬品にくらべると比較的、安全と言えます。

■ 市販薬の有効成分

<要指導医薬品・第1類医薬品>

処方薬と同じ有効成分をもちますが、処方薬の1/2〜1/3に抑えられているものもあります。

<第2類、3類医薬品>

ひとつの薬にさまざまな有効成分が入った総合的な薬です。合併症や副作用が起こらないように安全な用量で作られています。

■ いっぽう、処方薬とは

医師が診察に基づき患者の症状にあった薬を患者の体質なども考慮し、個々の患者に適した用量で処方された薬です。処方箋により薬剤師が調剤し薬の説明をして患者へ渡されます。

■ 処方薬の有効成分

通常は、ひとつの医療用医薬品には、ひとつの有効成分が含有され、処方される際はひとつの症状に対し必要な薬を処方されます。例えば、風邪で受診した場合も症状が発熱、鼻水、咽頭痛、咳と症状が多様だとそれぞれの症状にそれぞれに必要な薬が処方されます。

皆様も風邪で受診した際、複数の薬を処方され、いざ薬局で薬をもらって「こんなに飲むの?」と驚いた経験があるのではないでしょうか?

■ まとめ

市販薬を服用する際は、薬剤師によく相談しご自分の症状に適した薬を選ぶ様にして下さい。

関連記事リンク(外部サイト)

これだけは置いてほしい!常備薬として役立つ4つの薬!
薬に頼らず漢方ライフ! 漢方薬との付き合い方
今すぐ薬箱をチェックしよう!【薬の使用期限】を気にしていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP