ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「外資ファンド」にマクドナルド再建の期待 すかいらーくやスシローでは業績改善の成果も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「外資ファンド」にマクドナルド再建の期待 すかいらーくやスシローでは業績改善の成果も

日本マクドナルドの業績低迷が止まらない。1月25日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、再建の行方が注目される同社を取り上げた。130に及ぶ不採算店舗の閉鎖など改革に取り組んできたが、最終損益は2年連続赤字と見られている。

そんな中、株の5割を持つ米マクドナルドは一部を売却する方針を固めた。最大33%を1千億円程度で売却したい意向を示している。複数の外資系ファンドが買収に名乗りを上げているものの、金額の折り合いがつかず交渉は難航が予想されている。
「外部の血」で過去のしがらみを断ち切る

日本マクドナルドは2月2日、国産じゃがいもを使った新しいハンバーガーの発売を予定している。価格は390円で、お客に商品名を公募するキャンペーンを展開。採用されればハンバーガー10年分の現金、約142万円が贈呈されるという。

同社コミュニケーション本部の長谷川崇マネージャーは取材に対し、「(株の売却先について)特に公表できるような内容は一切ない状況です。店舗体験とおいしいメニューを向上していくことが、いま何よりすべきことと考えています」と話した。

実はこれまでも、外食企業への外資系ファンドが大株主になるケースはあった。外食大手すかいらーくも、米ベインキャピタルの傘下に入って業績のV字回復を果たしている。

回転寿司最大手のスシローは、2008年に投資ファンドのユニゾン・キャピタルの参加で経営改革を進めたところ、2011年には売上高で業界トップに躍り出た。2012年には別の英ファンド、ぺルミラ・アドバイザーズの傘下に入り、都心で高級志向の新しい業態にチャレンジするなど、更なる改革に乗り出している。

去年社長に就任したばかりの「あきんどスシロー」の水留浩一氏は、自ら企業再生を手がけるファンド出身だ。ファンドが株主となる利点は「外部の血」で過去のしがらみや成功体験に縛られず、大胆な改革ができることだという。
大胆な改革を行う際に「株主の理解を得やすい」メリットも

それでは、マクドナルドの場合はどうか。いちよし経済研究所の鮫島誠一郎氏は「今回はなかなか難しい」と見ており、「(業績回復には)4~5年はかかる」と予想。都心の店舗をさらにリストラし、郊外型店舗にシフトしていくと見ている。

そしてさらなる郊外へのシフトや、日本の独自性を発揮する大胆な改革が必要だと指摘した上で、現状と課題を指摘した。

「いまはブランドが毀損しているとはいえ、非常に高い知名度を誇っていますし、(年間)数億人レベルの来客数は色々な意味で資産となる。これをどう活用して行くかですね」

とはいえ、ファンドの参画には期待も持てる。スシローでは大胆な改革を行う際に株主の理解を得る上でも、ファンドの存在が有効であることを語っていた。すかいらーくも、米資本が入ってから商品戦略、広告、データ収集が洗練されたという。

2015年に発表された「外食上場企業・売上ランキング」では第3位(フードビジネス総合研究所調べ)。日本マクドナルドが「新しい血」を入れ、持てるポテンシャルをすべて生かして再建することを期待したい。(ライター:okei)

あわせてよみたい:「マックジョブに時給1500円」要求で議論
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。