ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「年齢ではなく実力で評価される世界を」――元リクナビNEXT編集長・黒田真行氏が、ミドル向け転職サービス「キャリアリリース40」を立ち上げた理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

好転している転職市場だが、ミドル世代には依然として厳しい風が吹いている。転職サービスDODAの2014年上期調査によると、「40歳以上」の転職成功率は11.2%にすぎない。ただし07年下期の2.5%から比べると、かなり好転しているのも確かだ。

転職成功者の「平均年齢」も07年下期の29.1歳から、31.7歳へと年々上昇している。転職限界年齢が少しずつ上がっているのかもしれない。そんな中、2014年12月にはミドル世代の転職支援に特化した「キャリアリリース40」というサービスが登場した。敬遠されがちな40代前後の転職を、どう可能にするのか。
「35歳以下」というフィルターを外せば「即戦力」は存在する

「キャリアリリース40」を運営するルーセントドアーズ代表・黒田真行氏は、リクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」の元編集長だ。40代のミドル世代がこれまで敬遠されていたのは「分厚い慣習のカベがあったから」と説明する。

「求人営業が企業人事に『求める人材は?』と聞くと、『35歳以下』と反射的に答えが返ってくるが、これは単なる慣習であることが多い。現場には、年齢を超えた即戦力の求人ニーズは必ずあるし、活躍できるミドル世代も確実に存在する。問題は企業とミドルを『どうつなぐか』なんです」

「キャリアリリース40」は、求職者が登録した履歴書や職務経歴書(レジメ)を匿名状態でデータベース化し、154の業種や354の職種、経験してきた役割やポジションなどで細分化。独自のアルゴリズムで求人企業にピンポイントで提案し、採用フローに乗せていく仕組みを取っている。

企業には突然の退職や新しいプロジェクトの発足などで、突発的な人材ニーズが発生することが多い。そうした潜在ニーズに備えて経験やスキルが細分化された人材が、常にオススメされているというわけだ。

「35歳以下」というフィルターを外してみれば、職歴とスキルを備えたミドル世代が多数浮かび上がってくる。現在はそうした「即戦力」をみすみす企業が逃しているというわけだ。企業はニーズに適合する即戦力を見つけられると同時に、「それだけウチに合う人材がいるなら」と潜在的なミドルの求人ニーズを掘り起こす可能性もある。
「年齢だけで、企業と人が出会えないのは不条理」

これまでエグゼクティブ層未満の年収500~700万円ゾーンの人は、ミドル世代を迎えると転職サイトでの転職成功率は「1%を切るのでは」(黒田氏)という厳しい状況があった。しかし幸いにして、アベノミクスと少子化による「人手不足」という追い風も吹く。

さらに「キャリアリリース40」では、人材を人事担当者だけでなく「経営者」や「現場のキーマン」に人材を直接売り込む方法も取り入れようとしている。ニーズを素早く、正しく判別できる現場に人材を直接アピールできることで、企業が「会いたい」と思う確率が高まるのだ。

「成果主義が導入されて以降は、実際は年齢は関係なくなってきている職場も多いんです。例えば工務店の経営者だったら、戸建て住宅をたくさん売った実績のある営業経験者なら70歳であっても欲しい。アジアへの進出を考えている商社なら、シンガポールでの営業責任者経験はニーズがある。企業の現場には、そうした人事に話していないようなニーズが大量にあるんです」

中小企業など知名度の低い企業は、転職サイトに掲出しても応募者すら来にくいのが現状だ。しかし年収がそこまで高くなく、現場でバリバリ働いているミドル層なら、そのような会社に受け入れられやすくなっている。

内閣府の推計(2013年)によると、いわゆる「社内失業者」は465万人に達しており、36.5%が製造業だ。これは年齢の壁によって転職可能性を諦めてしまい、経験や能力を活かすことよりも、会社に残留することを優先した結果とも言えるかもしれない。黒田氏はこう話す。

「雇う側と、雇われる側のパワーバランスを変えたい。年齢だけで出会えないというのはお互いの機会ロスだし、あまりにも不条理すぎますよね。雇われる側にも選ぶ権利があるし、力関係がイーブンになっていけば、より人材が適材適所化されるのではないでしょうか」

あわせてよみたい:中小企業で「一定のキャリアを積んだミドル人材」の人気高まる
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP