体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新橋で唇を真っ赤に染める儀式に参加してみた @『ポンヌフ』新橋

pon-napo019_R

新橋周辺には美味しい店が沢山ありますが、その中でも『ポンヌフ』はランチタイムなら行列必須の人気店です。

というわけで、新橋を愛して止まない筆者は『ポンヌフ』のナポリタンを食べに、再び新橋に訪れてみました。

おフランス語で”新しい橋”を意味する『ポンヌフ』

pon-napo001_R

ちなみに新橋には”立ち食いそば”の方の『ポンヌッフ』と、ナポリタンで有名な『ポンヌフ』があるので要注意です。

ナポリタンの方は『新橋駅前ビル1号館』の一階にあり、やや分かりにくいのですが目的地となる『新橋駅前ビル1号館』に入ってしまえば迷うほどには広くないので楽勝です。

また、ランチタイムであれば確実に並んでいるので、余裕があるならランチのピークタイムを外して14時くらいに訪れると良いでしょう。

カフェテラスと言う優雅な響きの『ポンヌフ』

pon-napo016_R

”カフェテラス”と言う優雅な響きは、おフランスなイメージですが、店内は限りなく”新橋色”の『ポンヌフ』で御座います。

pon-napo003_R

人気のメニューはやはり”ナポリタン”と”ハンバーグ”で優柔不断な筆者は迷ってしまいますが、救済策として『ハンバーグスパゲティ』(ボリュームたっぷり)と言う素晴らしいメニューがあるので助かりました。

人気メニュー『ハンバーグスパゲティ』を食す!

pon-napo017_R

というわけで、筆者の『ハンバーグスパゲティ』(850円)が運ばれて来ました。

この『ハンバーグスパゲティ』は『ポンヌフ』でも人気のあるメニューで、多くの人がオーダーしています。

確かに”ハンバーグ&ナポリタン”と言う、絶対に外れようがない鉄壁のメニューなので、初見はコチラで様子を伺うのが正解かもしれませんね。

今回も連食なので大盛りにはしませんでしたが、プラス100円で大盛りにすると、かなりのボリュームになるらしいので、いつか挑戦してみたいと思った筆者です。

家庭的なハンバーグの『ポンヌフ』

pon-napo020_R

まずはハンバーグから頂いてみましょう。

ソースはデミグラスソースでは無くトマトソースになっています。この鮮烈なルージュ(赤色)こそ『ポンヌフ』のイメージですね。

pon-napo023_R

ハンバーグ自体は、いわゆる”合い挽きハンバーグ”と言う感じで、家庭で食べるハンバーグ的な何かです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。