ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハリウッド実写版映画『攻殻機動隊』、米ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへ配給が移行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドリームワークスが製作を手掛け、スカーレット・ヨハンソンが主演を務める『攻殻機動隊』のハリウッド実写版映画『Ghost in the Shell(原題)』の配給が、米ウォルト・ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへと移った。米劇場公開は、これまで通り2017年3月31日のままである。

米パラマウントは、同作の共同出資も行っている。米ディズニーは以前、2017年3月31日の米公開をアナウンスしていた。

日本の人気シリーズをもとにした同作には、ヨハンソンと共にピルウ・アスベックが出演する。ヨハンソンは、非道なコンピューター・ハッカーの被害を防ごうとする、内務省に直属する秘密公安警察組織のメンバー役を演じる。

映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督が指揮を執る。アヴィ・アラッドとスティーヴン・ポールがプロデューサーを務め、マイケル・コスティガン、ジェフリー・シルヴァー、藤村哲哉、石川光久がエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

『攻殻機動隊』は1995年に長編アニメーションとして公開されたが、『Ghost in the Shell(原題)』は初の実写版映画作品となる。『攻殻機動隊』の漫画シリーズの成功は、日本のテレビアニメシリーズやビデオゲームとしても拡がった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP