体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【正直グルメ批評】超高級すき焼き食べ放題に行ってみた / 人形町今半で体験した幸せすぎる大誤算

imahan-sukiyaki-05

すき焼きの老舗「人形町今半」は、毎年1回、1月24日を牛肉記念日として、すき焼き食べ放題を実施しています。本来は高級すき焼き店として営業しているため、食べ放題はありません。

特上すき焼きの食べ放題は10800~11800円。通常はすき焼き1人前が8100円しますので、それが食べ放題になるわけですから、肉好きにとって天国なのは間違いありません。

・どうして牛肉記念日なのか
それにしても、どうして1月24日が牛肉記念日なのでしょうか? お店が創業した日なのでしょうか? 「人形町今半」は、牛肉記念日について以下のように説明しています。

・人形町今半の公開コメント
「明治5年1月24日、明治天皇が1200年間禁止されていた牛肉を召し上がり、これにより一気に牛肉文化が定着しました。中古以来の肉食の禁止を解くと共に、万民に牛食いを奨励することで文明開化の象徴とさせたのです。日本の食文化に何とも意義深い日であったことでしょう。人形町今半ではこの日にちなみ、恒例の特別企画を催します。1月24日が日本の牛肉文化の事始めであることを記念して、すき焼お替わり自由(喜扇亭ではステーキお替わり自由)の 特別コースをご提供いたします」

imahan-sukiyaki-01

・牛肉記念日と言うにふさわしい出来事
なるほど、明治天皇が率先して牛肉を食べ、世間に牛肉料理の文化が広まったということなんですね。それは確かに、牛肉記念日と言うにふさわしい出来事といえるかもしれません。ということで、さっそく「人形町今半」のすき焼き食べ放題に行ってきました。

・特上すき焼きのほうが高級
「人形町今半」のすき焼き食べ放題は、店舗によって肉のランクが違います。本店や一部の店舗では「特上すき焼き」、その他の店舗では「上選すき焼き」になります。特上すき焼きのほうが高級ですが、お値段に違いがあります。どの店舗も90分という時間制限があります。

特上すき焼き 10800~11800円
上選すき焼き 9720円

imahan-sukiyaki-02

・激安としか言いようがない
皆さん「すき焼き食べ放題が11800円もするの!? 高すぎる!」と思うかもしれません。記者もそう思いました。しかし、普段は1人前8100円もするお肉ですよ。2人前食べただけで通常よりお得です。10人前食べるなんてことも可能です。そう考えれば激安としか言いようがありません。

・居心地が良い個室
やってきたのは「人形町今半」の本店。店内は和風で、靴を脱ぎ、2階の個室に入りました。床は畳ですが、テーブルと椅子があります。椅子に座ると、ふわっとした畳の感触が椅子を通じて伝わってきます。部屋の雰囲気もあって、居心地が良いです。

・プロがすき焼きを目の前で作る
本店では、個室に2つの鍋があり、和服の女性スタッフがテキパキとすき焼きを焼いてくれます。生卵も溶いてくれるので、客はただ食べるだけ。飲み物は別利用金になりますが、水は無料です。喉が渇いたらスタッフに告げると注いでくれます。

imahan-sukiyaki-03 imahan-sukiyaki-04
1 2 3次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy