ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【正直グルメ批評】超高級すき焼き食べ放題に行ってみた / 人形町今半で体験した幸せすぎる大誤算

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すき焼きの老舗「人形町今半」は、毎年1回、1月24日を牛肉記念日として、すき焼き食べ放題を実施しています。本来は高級すき焼き店として営業しているため、食べ放題はありません。

特上すき焼きの食べ放題は10800~11800円。通常はすき焼き1人前が8100円しますので、それが食べ放題になるわけですから、肉好きにとって天国なのは間違いありません。

・どうして牛肉記念日なのか
それにしても、どうして1月24日が牛肉記念日なのでしょうか? お店が創業した日なのでしょうか? 「人形町今半」は、牛肉記念日について以下のように説明しています。

・人形町今半の公開コメント
「明治5年1月24日、明治天皇が1200年間禁止されていた牛肉を召し上がり、これにより一気に牛肉文化が定着しました。中古以来の肉食の禁止を解くと共に、万民に牛食いを奨励することで文明開化の象徴とさせたのです。日本の食文化に何とも意義深い日であったことでしょう。人形町今半ではこの日にちなみ、恒例の特別企画を催します。1月24日が日本の牛肉文化の事始めであることを記念して、すき焼お替わり自由(喜扇亭ではステーキお替わり自由)の 特別コースをご提供いたします」

・牛肉記念日と言うにふさわしい出来事
なるほど、明治天皇が率先して牛肉を食べ、世間に牛肉料理の文化が広まったということなんですね。それは確かに、牛肉記念日と言うにふさわしい出来事といえるかもしれません。ということで、さっそく「人形町今半」のすき焼き食べ放題に行ってきました。

・特上すき焼きのほうが高級
「人形町今半」のすき焼き食べ放題は、店舗によって肉のランクが違います。本店や一部の店舗では「特上すき焼き」、その他の店舗では「上選すき焼き」になります。特上すき焼きのほうが高級ですが、お値段に違いがあります。どの店舗も90分という時間制限があります。

特上すき焼き 10800~11800円
上選すき焼き 9720円

・激安としか言いようがない
皆さん「すき焼き食べ放題が11800円もするの!? 高すぎる!」と思うかもしれません。記者もそう思いました。しかし、普段は1人前8100円もするお肉ですよ。2人前食べただけで通常よりお得です。10人前食べるなんてことも可能です。そう考えれば激安としか言いようがありません。

・居心地が良い個室
やってきたのは「人形町今半」の本店。店内は和風で、靴を脱ぎ、2階の個室に入りました。床は畳ですが、テーブルと椅子があります。椅子に座ると、ふわっとした畳の感触が椅子を通じて伝わってきます。部屋の雰囲気もあって、居心地が良いです。

・プロがすき焼きを目の前で作る
本店では、個室に2つの鍋があり、和服の女性スタッフがテキパキとすき焼きを焼いてくれます。生卵も溶いてくれるので、客はただ食べるだけ。飲み物は別利用金になりますが、水は無料です。喉が渇いたらスタッフに告げると注いでくれます。

・けっこう時間的ロス
すき焼きのほかに、お浸し、漬物、ご飯、味噌汁が出されます。お肉と同様に、ご飯や味噌汁も食べ放題のようです。今回は6名でき行きましたが、すき焼きを作ってくれるスタッフは2名。せっせとすき焼きを作りますが、ガンガン食べる客の場合は追いつかないようで、けっこう時間的ロスが生まれた気がしました。ちなみに、一部の店舗では客が自分ですき焼きを作ります。自分で作ったほうが早く食べられるし、量も多く食べられます。

・究極とも言える滑らかな食感
肉質は、申し分ありませんし、文句のつけようがありません。驚くほど霜降りの牛肉。鮮やかな赤と白のグラデーションは、食べ物というより芸術作品に近い印象を受けました。気になるお味ですが、食べた瞬間にふわっととろけ、究極とも言える滑らかな食感とともに、甘味が広がります。

・唯一無二の「旨味集合体」
生卵自体が非常に農耕かつコクのあるテイストをしています。そこに上品な牛肉の旨味エキスが投じられるのですから、まさに唯一無二の「旨味集合体」といえるのではないでしょうか。せっかく高級すき焼きの食べ放題にきたのだから、ご飯はできるだけ食べないようにしようと誓ったのですが、むしろそれは推奨できない行為だとわかりました。

・ストップすることなく牛肉を追加注文
霜降り行肉は、ご飯と一緒に食べてこそ美味。大きくカットされた霜降り牛肉をたっぷりの生卵に浸し、それをご飯に乗せて一気に食べる。これ以上の幸せってあるのでしょうか? 時間内なら、これがいくらでも食べられるんですよ? もうストップすることなく牛肉を追加注文しまくります。

・8人前ほどで「もう食べられない信号」
しかし、ウハウハ気分の終わりは唐突にやってきました。満腹というわけではありません。まだまだ、量的には食べられるんです。しかし、これ以上食べ進めることができない。あまりにも牛肉が霜降りなため、脂を過剰に摂取してしまったため、8人前ほどで「もう食べられない信号」が味覚神経に送られてきたのです。

・高級すぎることが原因か
赤身肉のしゃぶしゃぶやすき焼きならば、20人前は食べられるはず。それが高級すき焼きになると8人前前後で食べ進められなくなってしまう。予想しなかった落とし穴。高級すぎることが、逆に食べられなくなる原因になってしまったのです。

・一度は体験しておきたい「味」
しかしながら、本来はこんなにガツガツと食べられない「人形町今半」の高級すき焼きを思う存分堪能できたことは、良い経験となるはず。毎年、予約が殺到してすぐに満席になってしまう牛肉記念日ですが、経験として、一度は体験しておきたい「味」なのは間違いありません。

ちなみに「今半」という名のすき焼き店がいくつかありますが、牛肉記念日を実施しているのは「人形町今半」だけですのでご注意くださいね。

https://youtu.be/cdHGuiqWlBk

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/27/imahan-sukiyaki-tabehodai/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP