ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏 「40才過ぎ女性がナチュラルで得することない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中のオバさま方が健康で美しく生きられるよう、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、アドバイス。今回は、大人かわいいナチュラル服を愛用する中高年女性への提言です。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。

 先日、お正月のお休み明けに、銀行の窓口に行ったときのことです。思いのほか混んでいて、長椅子には整理番号札を握りしめ、順番を待つオバさまがたがズラリ。「何ごと?」と思ったら皆さん、私と似たような重みのある箱、または袋を持っているではないですか。

 実は年末に大掃除していたら、忘れかけていた貯金箱というか壺を見つけたんです。結構な量のコインが入っていたので、銀行でお札に換えようとしたら、同じ目的らしきオバさまがたに遭遇したというわけ。

 多分、皆さんも部屋のあちこちから、へそくりだの貯金箱を発掘したんですね。日本のご年配層は小金持ちが多いといわれていますが、文字通り、“小銭持ち”はオバさまばかりでした。

 長椅子で順番待ちをしていた私は、さっそくオバさまがたのお洋服や手にしている雑誌のウオッチングを始めました。お洋服は“ユニフォーム”のかたが圧倒的多数です。つまり、地味色のダウンコートに、同じく地味色のズボン、そして運動靴と、これはもう判で押したよう。

 そして手にしている雑誌は、女性セブンをはじめ週刊誌や情報誌が多いのですが、皆さん、大根の煮物などお料理特集を食い入るように読んでいました。

 内心、「大根の煮物がそこまでお好きなの? たまにはファッションページをご覧になったら?」と思うのですが、そんなことを口に出して言えるはずもありません。

 しばらく観察しているうちに、またひとつ新たな発見をしてしまいました。巷では、『大人かわいいナチュラル服』を特集するファッション誌を愛読する中高年女性を、“ナチュラルオバさん”と呼ぶそうですが、その勢力は確実に増大しています。

 ナチュラルオバさんの特徴は、スッピン、眼鏡、短髪あるいは、ぱっつん前髪のショートボブ。綿や麻など、しわっぽい天然素材が好きで、足元はハンバーグのような形のストラップ付きぺたんこシューズ+ソックス。半端丈のロングスカート、帽子、袋状の大きなバッグもお好きなようです。このうち3つ以上が当てはまったら、立派なナチュラルオバさんに認定ですね。

 こうしたアイテム的特徴のほかに、彼女たちはある共通点があります。それは全身を見回しても、ボディーラインが出る部分が一か所もないこと! そしてツヤとか輝きのある素材は、身につけていないこと、です。

 夏は綿や麻、冬はウールをこよなく愛し、ボディーラインが曖昧(というか覆い隠す)なシルエットの服を身にまとい、ノーアクセサリー。

 もちろん、個人的な嗜好をとやかく言える立場でないことは承知の上で、ひとつだけ声を大にして申し上げたい! 「40才を過ぎた女性が“ナチュラル”で得をすることは何ひとつありません」ということです。

 ここ数年のトレンドは、透明感やツヤ感が命です。リップもグロス風なものが主流でしょ? そうした女性が多い中で血色を失ったカサカサの唇、ノーメイクでいたら、よりいっそう年齢より老けて見えてしまいます。

 だけど改善策はいたって簡単ですよ。お洋服はツヤ感、光沢感のある素材を選ぶこと。光るアクセサリーをつけること。バッグをひと回り小さくすること。たったこれだけで、見違えるように幸せそうに輝いて見えます。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヌーディーカラーでまとめた菅野美穂 美脚と二の腕にラブ
“愛され”メイクの王道 ナチュラル系はカラーがポイント
「つけま」から「カラーマツエク」へ まつげメイク流行の変遷

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP