ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お嬢様芸人たかまつなな 治安悪いとコンビニ禁止されていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“お漫談”を通じて社会問題を発信するお嬢様芸人・たかまつなな(22才)。曾祖父は東京ガスの社長で東大名誉教授の高松豊吉。親族が集まると国際政治を語らう“お家柄”に育った。

 落語と狂言しかお笑いを知らなかったが、中学2年の時、爆笑問題の本に感銘を受け、芸人になろうと決意する。だが両親は当然、猛反対。

「負けず嫌いなので、逆に奮起できました。養成所の入学金25万円は、懸賞作文の賞金で。芸人になって、“治安が悪い”と行かせてもらえなかったコンビニに入ったり、先輩に連れて行っていただいた日高屋でこんなに安い食べ物があると知ったりして…、自分がお嬢様だったと知りました(笑い)」

■たかまつなな(22才)
1993年神奈川県生まれ。フェリス女学院から慶応大学へ進学。現在、慶大4年生で、東京大学大学院情報学環教育部にも籍を置く。『ワラチャン!U-20お笑い日本一決定戦』(日本テレビ系)優勝(2013年)。「ご機嫌うるわシューベルト!」など、お嬢様言葉風に漫談を行う。

撮影■菅井淳子

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フェリス出身お嬢芸人 吉野家で水をフィンガーボールと誤解
激務の看板女子アナ 心のスキを芸人はしっかり突いてくる
女子アナを追う芸人は彼氏有無気にせず 内村光良は人妻略奪

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP