ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の投手派閥 「内海組」に代わり「チーム菅野」台頭

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球の自主トレが始まった。野球協約では、12月1日から1月31日までがポストシーズン。その間は球団主導による試合や練習、技術指導が禁じられる。そのため選手たちは自らトレーニング場所を確保して、2月1日のキャンプインに備える。それが自主トレだ。最近は複数の選手で集まって行なう合同自主トレも珍しくない。

 合同自主トレによって明るみに出る、いわゆる「派閥作り」が活発なのは巨人だが、阿部慎之助の「阿部組」と高橋由伸の「チームヨシノブ」の2台派閥がともに解体した影響が出ている。阿部は昨年、コンバート失敗から大不振に陥って散々だったためか、今年は初の単独自主トレを敢行。そのため、メンバーだった坂本勇人と長野久義は村田修一と實松一成を迎え、新たに「サカチョー組」を結成した。
 
 投手陣では、阿部組に合流していた内海哲也が主導する集まり「内海組」もグアムから沖縄に拠点を移した。阿部組と行動を共にしていた時は最大勢力だった「内海組」にかわり、今年は菅野智之を中心とした「チーム菅野」の勢力が増してきた。ハワイでは西村健太朗、澤村拓一らのグループと合流。近年、チームを引っ張っている中堅投手陣の集まりとして存在感を示している。

 対照的なのが杉内俊哉。一昨年は地元・鹿児島での自主トレに江柄子裕樹、一岡竜司、星野真澄と、初めて巨人の選手を誘い、昨年は土田瑞起を加え、一大勢力になる兆しを見せた。しかし昨年の手術後の不振もあり、今年はソフトバンク時代に一緒にやっていた山崎勝己(オリックス)と2人だけの淋しいスタート。巨人での立場が窺える。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人の自主トレ派閥「阿部組」「チームヨシノブ」解体の影響
「ポスト原」巡る巨人の派閥争い激化 高橋、阿部、内海など
1人自主トレ選手 彼女と会いたいとの理由がバレ一人ぼっちに

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP