ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイの麺料理屋で「ラーメンの麺とスープ抜いてください」と頼んだらこうなった!『ガオラウイェンタフォータレーヘーン』

  • ガジェット通信を≫

เกาเหลาเย็นตาโฟทะเลแห้ง ガオラオイェンタフォータレーヘーン
汁なし紅腐乳入り海鮮麺の麺抜き

ある日のメニュー。

日本で「ラーメン二郎」や「スタバ」のオーダーシステムは、「呪文」って呼ばれることがある。
例えば、「ヤサイマシマシカラメアブラオオメ」とか。「ソイアドショットエクストラホイップ抹茶クリームフラペチーノ」とか。

タイの街角のお店のオーダーシステムも、それに若干似ていると言えなくもない。
例えば、麺はだいたい4種類程度の麺があって、スープの種類を選んで、◯◯入れてとか入れないでとか言って、わがまま言い放題なのがフツーだ。

で、その中の呼び名で「ガオラオ」というのは「麺抜きで」という意味。
「ヘーン」というのは、「スープ抜きで」という意味。

じゃあ、「ガオラオ・ヘーン」というのは?
正解は「麺抜きのスープ抜き」!!

それって何も残らないやん!!とも思ったけど、こういうオーダーも可能だというのをどっかのWebサイトか何たで見たので、実際にオーダーしてみたのがこの写真。


じゃじゃん!これが「ラーメンの麺抜き・スープ抜き」や!!

何も残らないかと思ったら、鉢の中には麺の上にのせるはずの具だけが鎮座している。なるほど!

ちなみに具は海鮮(タレー)。スープの種類?(スープはないけど)はイェンタフォー(紅腐乳入り)を頼んだので、具の上には紅腐乳のタレがかかっている。

これだけだと明らかに物足らないので、別鉢にスープと、あとご飯もオーダーした。


フォークで具を取り上げてみると、これはまさにラーメンの具。 笑 野菜と、タイの焼き豚(ムーデーン)、海鮮なのでイカやらエビやらも入っていた。普通に美味しい!


炭水化物ダイエットしたい人には、ちょうどいいかもね。。 あと、酒飲みの人ならお酒のつまみにもなると思う。

このほかに、麺料理屋で対応してくれる(かもしれない)料理としては「ルアックチム」というのもある。これはお店にある具(ルークチンとか肉とか)を、湯がいて持ってきてくれるだけのシンプルなもの。麺もスープも野菜も抜いてオーダーできるなんて、タイの屋台の許容範囲は果てしないっすね!!

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP