ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HTC、台湾で「HTC Evo 3D」を発表、8月下旬より発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HTCが8月17日に台湾でデュアルコア3Dスマートフォンの「HTC Evo 3D」を発表しました。8月下旬より台灣大哥大(Taiwan Mobile)が販売を開始、その後すぐに小売業者による販売も開始されるそうです。台湾での小売価格は21,900台湾ドル(約57,500円)。Sensationの発売時価格よりも1,000台湾ドル高いようです。HTC Evo 3Dは、4.3インチqHD(960×540)サイズの3Dディスプレイ、Qualcomm  MSM8260 デュアルコア1.2GHz、背面に500万画素のカメラを2つ搭載しており、写真や動画を3Dでも撮影することができます。本体側面に2D/3D切替用つまみとシャッターボタンを搭載。前面には130万画素のカメラを搭載。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)、UIは回転する3Dホームスクリーンやアプリショートカット配置できるアクティブロックスクリーンが特徴のHTC Sense 3.0。Source : ePrice


(juggly.cn)記事関連リンク
米国Android市場のキャリア別シェア(Chitika Insights調査)
「Facebook For BlackBerry」がv2.0.0.45にアップデート
Xperia arc LT15iのホワイトカラーがまた中国で見つかる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。