ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「NEW WORK STYLE展」と「Artek創業80周年特別巡回展」、リビング・モティーフにて同時開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インテリアスタイリスト中林友紀氏が提案

2016年1月29日(金)から3月7日(月)まで、東京・六本木のLIVING MOTIF(リビング・モティーフ)にて「NEW WORK STYLE Office & Home」が開催されます。

本展ではインテリアスタイリスト・中林友紀氏が、ワークスペースを「オフィス」「ホーム」の2つのシーンに分けてスタイリング。リビング・モティーフが取り扱うハイクオリティ&グッドデザインのインテリアアイテムを使い、新しいワークスタイルを提案しています。

集中とリラックス、そして同僚たちとの自然なコミュニケーションが重要なオフィスは、温かみのあるインテリアを取り入れ心地よい空間に。くつろぎながら趣味や作業に取り組むホームでは、空間の使い方やコミュニケーションをフレキシブルに。中林氏の自由な発想とアイデアは、ワークスタイルの見直しに一役買ってくれるはずです。環境を整えるのは仕事にとっても趣味にとっても大事なこと。よりよいクリエイティヴィティーと効率を目指して上質なインテリアでワークスペースを整えてみてはいかがでしょうか。

会期中は「Artek創業80周年特別巡回展 Artek 80 Art & Technology」も同時開催されています。2015年に創業80周年を迎えた北欧モダンのパイオニアArtekの軌跡をたどるとともに、新旧のコレクションを使ったスタイリングも中林友紀氏によって提案されます。

両展示には、ロナン&エルワン・ブルレックの「Kaari」、コンスタンチン・グルチッチの「Rival」も登場するとのことで、未見の方はスタイリングの中で実物をチェックできるチャンスです。

「オフィス」の展示イメージ(Vitra社製品)。

「ホーム」の展示イメージ。アングルポイズのテーブルランプ(左)とArtekのブルレック兄弟による「Kaari」(右)。

Artek創業80周年の特別巡回展

写真左:「The Artek Manifesto 1935」。創業当時に図解で記された創業宣言であり、アルテックが行う文化的、商業的なプロジェクトのガイドライン。

写真右:Artekのスツール 60。

NEW WORK STYLE Office & Home

会期:2016年1月29日(金)~3月7日(月) 11:00~19:00

会場:LIVING MOTIF

スタイリング:中林友紀

▽同時開催 Artek 創業80周年特別巡回展「Artek 80 Art & Technology」

Artekのこれまでの作品と新作を交えて80年の軌跡とこれからの新しい時代に向かう姿を紹介

イベント:

▽ガイドツアー

80年の軌跡、曲木技術の解説を通してArtekのフィロソフィーを知る

日時:2月20日(土) 14:00~14:30 / 16:00~16:30

予約:不要

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

16ブランドが集結! フリーマーケット「Seaside Market in Kobe」開催
やちむん1000点超! fennicaの恒例「OKINAWAN MARKET」今年も開催
約70業者が出店! 17年目の骨董市「倉敷・懐かしマーケット」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP