ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

獣医師が答える! 犬の介護施設、”老犬ホーム”って?

  • ガジェット通信を≫

老犬ホームとはどのような施設なの?

皆さん、”老犬ホーム”について、ご存知でしょうか?

ペットの高齢化や、ペットを飼う高齢者が増加し、飼い主の都合によりどうしても手放さなければならない場合が増えているようです。

そういった事情や世の中の流れに伴い、”老犬ホーム”という、老犬の世話をする施設があるようです。

獣医師の先生に、話を聞いてみました。

Q1:老犬ホームとは、どのような施設なのでしょうか?

老犬の世話を代行する施設です。

施設内の様子は、段差はなく、馴れるまで他の犬と違う部屋で過ごせる所もあります。

また、日光浴ができる大きな窓のある部屋や中庭があったり、部屋の角などはぶつかっても痛くないように全て保護されています。

お散歩の時間を取り入れている所もあり、寝たきりの犬でも寝たまま外に連れ出してくれる所もあります。お散歩の時間がなくても基本的に中を自由に歩きまわることができます。

Q2:老犬ホームに入れるタイミングは?

年齢を問いませんので、下記を参考にしてみてください。

・病気などで介護が大変になったけど、里子には出したくない時

・ご自身が病気になり飼えなくなる時

・親、親戚のところの犬を引き取ったけどご自身で飼えない時など

ご自身の状況に合わせて入れてあげてください。

Q3:老犬ホームに入れてからも頻繁に会いにいくことは可能なのでしょうか?

可能です。施設にもよりますが、基本的に、月に数回、面会できるところが多いようです。

Q4.老犬ホームに入れた場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

犬の体格、年齢で分けているところが多いようです。

小型犬でいうと月3万円~が多いようです。また、入る際に入会金を別途払うところもあります。10歳以上の犬は初年度の支払いのみで後の介護費用はかからない所もあります。

また、病気になった時や予防の費用は別途払う必要があります。

施設によって料金が異なりますので、施設に連絡して聞いてみることが良いと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

もしも愛犬が交通事故にあったら……すぐにすべきこととは!?
どうしてもペットを飼えなくなったときの対処法は!?
あなたならどうする?最愛のペットが亡くなった時

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP