ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

盛り上げるが勝ち!エクスプレッシブタイプとの上手なコミュニケーション法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コミュニケーション力を上げたいと思ったら、まずは自分と相手を知ることから。

以前の記事では、そのための便利な4タイプ診断法、「ソーシャルスタイル理論」をご紹介しました。

ソーシャルスタイル理論とは、外から見えるその人の態度を観察して、4つのタイプに分類したもの。自己主張の強弱と、感情表出の強弱の縦横2軸で分類します。感情というと「喜怒哀楽」と思いがちですが、「怒」の感情は、自己主張として考えた方がしっくり来ます。自分のタイプを知りたい方は、前回の記事にあるチェックシートでご確認くださいね。

「各タイプ別対応法」を4回に分けてお伝えする本連載、第2回目は「エクスプレッシブタイプ」をご紹介します。

ムードメーカー的ポジションに多いこのタイプ、基本的対応とあなたのタイプ別注意点をしっかり理解して、対応力を上げて行きましょう。

エクスプレッシブタイプはノリ重視。盛り上っていこう!

~エクスプレッシブタイプの見分け方~

・テンポよくしゃべる

・擬音語や擬態語を多用する(「どーんと行きましょう!」など)

・表情が豊か/話が大げさになりがち(子どもっぽい表情や行動を取る)

エクスプレッシブタイプはお調子者で元気よく、その場を明るく変化させるムードメーカー的存在です。「はじめまして」の瞬間から、フレンドリーで距離が近いのが特徴のひとつ。どうせなら楽しく盛り上がるべしと思っていますから、真面目な固い場は苦手です。

ノリとイキオイが身上で、「なんとかなるさ」と楽観的です。自分のアイデアや想いを実現させようと行動的な方も多いので、起業家の集まりや、サービス系、ベンチャー関連の人が多く集まる場に行くと、たくさん出会えます。

そんなエクスプレッシブタイプへの対応のコツは、「一緒になって盛り上がること」。相手のノリとテンポに上手に合わせ、テンション高く盛り上れると良い感じに仲良くなれます。「いいヤツだなー!」と思われたらシメタもの。エクスプレッシブタイプは、相手の肩書きや資格などの「スペック」よりも、自分との相性重視な社交型です。

「そういうノリ、苦手なんです・・・」と思う方におススメなのは、相手の話を聞く時に、いつもよりも少しだけオーバーに反応すること。相手が笑ったらこちらも微笑む「笑いのミラーリング」も効果的です。基本自分がしゃべりたい、聞くのが苦手なエクスプレッシブタイプには【聞き上手なインタビュワー的存在】で対応しましょう。

エクスプレッシブタイプへの効果的な対応

・多少大げさな相づちを意識しながら、会話を楽しむ

・一緒にいられる時間をあらかじめ伝える

会話を楽しむこと、これに尽きます。「それで、それで?」「うんうん!」「ヘェ~!!」など、大げさな反応を喜び、どんどん話が弾みます。調子に乗ると、ついつい話が長引く傾向があるので、一緒にいられる時間をあらかじめ伝えておくと安心です。その場合も、「めちゃめちゃ残念なんだけど、2時間しか時間なくて・・・」と本当はもっと一緒にいたい、という気持ちを伝えると効果的。特別扱いされることも大好きです。

エクスプレッシブタイプへの声かけ例

・ 「どう思いますか?」

・ 「何かアイデアありません?」

自分の考えをどんどんしゃべりたいエクスプレッシブタイプには、話を促すシンプルな質問が効果的です。誰かに口火を切ってもらいたい会議やミーティングの場で、最初に指名する相手としても最適です。

もしもエクスプレッシブタイプを褒めるなら……

○「すごいですね!」「さすがです」

◎「○○さんといると楽しいです!」

褒められ好きなエクスプレッシブタイプは、褒められると単純に喜ぶ傾向が強いので、どんどん褒めましょう。 特に、「あなたといると楽しい」とか、「盛り上がる」といったポジティブな影響力を発揮していることを伝えられると、とても喜びます。

あなたのタイプ別ワンポイント

エクスプレッシブへの一般的対応を心得たら、今度は自分のタイプに応じた注意点を押さえておきましょう。

ドライビングなあなたは……

褒められるのがキライで苦手なドライビングは、あまり人を褒めません。しかし、だからこそ、たまに伝える「いいね」な一言が相手に嬉しく響きます。特にエクスプレッシブには、ポジティブな声かけを意識するのがおススメです。

エクスプレッシブなあなたは……

相性が合えばひたすら楽しく盛り上る、そんな仲間にすぐになれます。ただし双方忘れっぽいのが玉にキズ。次に何かをつなげたいなら、しっかりマネージメントしてくれるサポートメンバーも一緒に巻き込んでおきましょう。

エミアブルなあなたは……

ニコニコ天然聞き上手なエミアブルは、エクスプレッシブにとって頼みやすい相手。エクスプレッシブな人は時々無茶ブリをしてきますから、出来ないときは「ごめんね」と断る勇気も必要です。振り回され過ぎないようにする、自己管理の修行相手と心得ましょう。

アナリティカルなあなたは……

相手のアイデアの抽象的なところが気になって、ついつい指摘したくなりますが、指摘するならダラダラは禁物。長くなればなるほど、相手はヤル気を失います。要点を1つ、多くても3つくらいに絞った上で、短くシンプルに伝えましょう。

エクスプレッシブタイプへの対応法、いかがでしたか?次回は「エミアブルタイプの処方箋」をお伝えします。どうぞ、お楽しみに!

著者:谷益美

『タイプがわかればうまくいく!コミュニケーションスキル』著者。高校時代は漫画研究部部長。専門はビジネスコーチング及びファシリテーション。企業、大学、官公庁などで年間150本超のファシリテーティブな場作りを行う。リーダー、マネージャー、営業担当や学生など、幅広い対象者から「笑える学べる元気になる」と好評。

谷 益美 (@office_123) | Twitter

http://www.1234go.net/

関連記事

関連記事リンク(外部サイト)

文章が苦手でも、ビジネスシーンで「情報の過不足がない」ドキュメントを作成する方法
英語ミーティングで使えるシーン別フレーズ集40選
褒め言葉はNG?ドライビングタイプとの上手なコミュニケーション法

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP