ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弟が、なんだかんだ「一番イイ男」である理由12

DATE:
  • ガジェット通信を≫

弟がいる女性に、ぜひ読んでもらいたいこちらの記事。「Elite Daily」にまとめられたのは、「あなたにとって、弟が一番イイ男である理由」です。

「父の存在が偉大なのは言うまでもない。でも、弟の大切さだってクローズアップされるべき」と主張するライターJen Ruiz氏。もし、たったひとつでも弟に当てはまる項目があれば、今まで以上に大切にしてあげてください!

01.
言葉にせずとも
すべてを汲み取ってくれる

友人や同僚とは話が通じないことがありませんか?でも兄弟とは、そんなことはないでしょう。2人は目だけでも会話が可能。お互いが何を考えているかも手に取るように分かります。血のつながった者同士にしか分からない感覚がそこにはあるのです。

02.
誰よりもあなたを
笑わせてくれる

笑いのツボが大体同じ。似たような冗談を言い合い、同じコメディアンを見て育った2人です。弟とならばどんなシチュエーションでも安心して笑うことができ、他人にはしづらい「面白話し」も伝えることができます。

03.
いつ何時でもあなたの味方

弟がいれば、ボディガードは必要ありません。あなたが困ったときは、いつでも助けられるよう準備万端。あなたに王子様が現れるまで、ずっと守ってくれるはずです。

04.
どれだけブランクがあっても
すぐ仲良しに戻る

友人とは連絡を取り合わないと次第に疎遠になっていくもの。でも弟は違います。どれだけ話していなくても、会っていなくても、関係が途切れることはありません。つい連絡をし忘れていても、遠く離れていても、会えばすぐに今までどおりです。

05.
あなたに相応しくない人を
知っている

恋人とひどい別れ方をしたときには、あなたのことを考えて声をかけてくれることも。「はっきり言ってくれただけ良かった」とか、「あんなバカに○○はもったいない」とか。不思議なことに、泣きやんだ頃には弟の言ってくれた言葉がしっくりきます。

06.
どんなに“悪い”あなたでも
受け入れてくれる

たとえ、あなたがどれだけ父親と仲良しでも、彼はあなたが行った悪事をまったく知らないでしょう。弟は、こっそり家を抜け出すときに窓枠を押さえていてくれるなど、あなたの悪事も大抵は知っています。その上であなたを大切に想っているのです。

07.
秘密は、絶対厳守!

弟はあなたの封印したい過去も知っています。でも、彼がその秘密をばらすようなことはありません。あなたを貶めるようなことを、弟は絶対にしません。秘密は永遠です。

08.
どんな姿を見ても
結局は尊敬してくれる

弟はあなたのことを尊敬しています。二日酔いのだらしない姿を見ても、あなたに対する尊敬の念が消えることはありません。むしろ、カッコイイあなたのようになりたいと努力しています。ファッションでも、キャリアでもあなたに意見を求めるのは、それだけ意味のあるものだと思っているということ。

09.
遠回りしてでも、
お気に入りのアイスを購入!?

出かけた帰りに、車で30分かかったとしても、あなたのお気に入りのアイスを買いに行ってくれます。そんなことまでするのは、あなたのことを大切に想ってくれているから。少しでもあなたが同じようなことをしてくれたら、きっと弟は喜ぶはずですよ。

10.
誰よりも頼りになる
あなたの味方

もちろん、あなたの母親はあなたの味方ですが、弟の忠誠心はそんなものではありません。あなたが成功するためにどれだけ努力しているかよく知っています。どれだけあなたが頑張ってきたかを誰かに言いたいくらい、あなたのことを見ています。

11.
初心を思い出させてくれる

とはいえ、弟はあなたを“自惚れや”にはしません。「調子にのっているな」と思ったときには適切な話をしてくれ、自分のピュアな頃を思い出させてくれます。あなたもきっと、弟にそうしてあげているでしょうから、お互い様でしょう。

12.
普通にしているだけで
イイ子扱いに!?

これは番外編ですが、一般的に姉と弟という関係なら、弟は意図しなくともあなたを立ててくれます。というのも、ビールの空き缶は床に置きっぱなし、授業の単位を落とす。そんな弟を見ると、両親はあなたのちょっとしたミスにも寛容になるのです。

 Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

やぎ座の友人が最高である「9つの理由」
幸せな夫婦が、日々実践していること5つ
2016年を迎える前に、サヨナラすべき16の「人・モノ・習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP