ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ日本人の英語能力は低いのか?英語脳は幼児期に作られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Mami Nakae「NYC弾丸トラベラー!」

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。2020年に開催される東京五輪に向けて、日本は今後ますますグローバル化の加速が予想されます。そこで今回は、世界と比較した日本人の英語力やグローバル人材に求められる要素、バイリンガルの育成に重要な幼児教育に焦点を当て、Cosmo英語教室の校長であり、バイリンガル幼児園「Cosmo Global Kids」の理事長も務める甲斐実さんにインタビューを行いました。

日本語は英語ともっともかけ離れている言語

—日本の英語力を世界と比較するにあたり、EF EPI英語能力指数(世界各国の成人の英語能力を指数化したデータ)がひとつの目安になるかと思いますが、この2015年版の結果によると、日本は70ヶ国中30位。上位は、1位スウェーデン、2位オランダ、3位デンマーク、4位ノルウェー、5位フィンランドとヨーロッパの国々が並び、アジアは全般的に順位が低く、韓国は27位、中国は47位という結果でした。これには、どんな背景があると思われますか?

まずヨーロッパの順位が高いのは、「英語とヨーロッパの言語が非常に類似しているから」という理由が一番でしょう。語順・単語・文字において共通点が多く、日常的に使われる英単語1,000語のうち、約30%はフランス語が起源です。あと個人的な経験では、以前オーストラリアでオランダ人と住んでいたときに、オランダ語で書かれた彼のパソコンのトップ画面を見て、私でも単語の意味が理解できたということがありました。それは英語を学ぶうえで、大きなアドバンテージになります。

一方、韓国語や日本語は英語とはもっともかけ離れた言語のひとつであり、単語も語順もまったく異なります。そうなると考え方の構造が変わるため、頭の中のモードを日本語から英語にシフトしないといけない。そういった意味で、英語を学ぶにあたり日本人はそもそも大きなハンディを背負っています。文法が理解できていても頭の切り替えに時間がかかるため、スピーキングが苦手なのも日本人の特徴。韓国人と話していても、日本人同様の性質があると感じます。

教育の質や意識からも英語力の差は生まれる

Photo credit: Maika Togashi「可愛くてすてきな国スウェーデン!首都ストックホルム滞在記」

—では、ヨーロッパの英語教育の質が日本より高いというよりは、そもそもの言語のちがいの差が大きく、土台が異なるということが一番の要因なのでしょうか?

そうですね。一番の要因は、「英語と母国語の差がいかに大きいか」だと思います。ですが、ヨーロッパの英語力が高いといっても、フランスは上位に入っておらず、2015年の順位では37位と日本よりも下位です。これは、教育プログラムの質のちがい、そして英語を学ぶ必要性や意識の高さ、国民性も影響していると思います。

英語教育に対して、必死になって対策に取り組んでいるのは日本や韓国だけかと思いがちかもしれませんが、実はヨーロッパ各国では、日本より何年も前から小学生の英語学習をとり入れるなど、対策に注力してきました。その結果、英語教育の質が向上し、わざわざ他国からネイティブを呼ぶ必要がないほど、英語力が優れた講師がそろっているのです。

日本には現状そういった環境がないので、ヨーロッパとの順位の差は、教育の質や内容のちがいも大きな要因だと言えます。日本の英語教育環境が特段悪いとは思いませんが、幼児期からの英語教育に関しては、まだまだ遅れており大幅な改善が必要です。

語学の学習は生後6ヶ月から始まっている

Photo credit: Photo AC

—つづいては、英語を学ぶうえで重要だと言われる「幼児期の学習」について教えてください。まず、英語脳や英語耳という言葉がよく使われていますが、それは具体的に、どのような状態を指すのでしょうか?

英語脳とは、単純に英語が話せるだけでなく、頭のなかでも英語を使って考えている状態を指します。たとえば、英語での呼び方がわからないものを目の前にしたときに、「How can I say…? / What’s it called? (これはなんて言うんだろう?)」と頭のなかでも英語で考えることです。

英語耳は、正しい英語の発音が聞き分けられる耳のこと。日本語と英語では発声時に使われる周波数帯(注:音域ではありません)が異なり、日本語は150~1,500Hz、英語は2,000~12,000Hzを主に使うとされています。そのため日本人は、語尾の子音が聞きとれない、「L」と「R」など音のちがいがわからないことが多いのです。

—幼児期に英語を学ぶことは、英語脳や英語耳の育成にどう関わってくるのですか?

乳幼児期は、頭のなかに言語のチャンネルが形成される大事な時期です。一概にはいえませんが、おおよそ3歳ぐらいまでの間にできあがるとされています。それまでの時期に日本語と英語を同等の比率で聞くことにより、日本語と英語の2本のチャンネルが形成され、これを必要に応じてスイッチを切り替えて使い分けるのがバイリンガルです。3歳を過ぎると新たな言語のチャンネルを形成するのが急にむずかしくなります。まして大人になってからでは、英語脳を形成するのは非常に厳しく、限りなく不可能に近いと言えるでしょう。

音の聞き分けでいうと、すでに生後6ヶ月の時点から英語耳は育ちはじめます。ただ、英語の音楽を聞かせたり、動画を見せたりするだけでは英語耳の育成はむずかしく、生身の人間が話しかけることがもっとも効果的との実験結果が出ています。弊社のプリスクール、バイリンガル幼児園「Cosmo Global Kids」の公式HPにも解説動画を掲載しているので、よければ一度ご覧になってみてください。

後編は、バイリンガル人材に求められる要素や、教育が果たす本質的な役割に焦点を当てて、お話を伺います。ぜひご期待ください。

取材・文:小林香織
Photo credit: Photo AC

[甲斐 実:株式会社CosmoBridge 取締役、バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids 理事長、Cosmo英語教室 校長。オーストラリア・カナダ・アメリカ等での海外生活、そして広告代理店での海外展示会業務を経験した後、現在のCosmoBridgeで取締役を務める。「日本と世界の架け橋」というコンセプトを実現するべく英語教室を立ち上げ、現在は、幼児向け英語保育を行う「バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids」の2016年4月開園に向けて、入園説明会実施中。]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP