ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

じっくり巡りたい!オーストリアのおすすめ観光スポット30選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest」

Photo credit: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
中世の街並みが息づく、オーストリア。芸術に秀でるオーストリアをじっくり、ゆっくりと時間をかけて観光してみませんか? 美しい街中を散歩しながら観光するだけでも、心が癒されるでしょう。
今日はそんな魅力たっぷりのオーストリアの観光スポットを30ヶ所ご紹介します。

オーストリア

概要

オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、ドイツ語: Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都はウィーン。
ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。
中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。1938年には同じ民族の国家であるナチス・ドイツに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には連合国軍による分割占領の時代を経て、1955年の独立回復と永世中立国化により現在につづく体制となった。
音楽を中心に文化大国としての歴史も有する。EU加盟以降は、同言語・同民族の国家同士でありながら複雑な国際関係が続いてきたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、国内でも右派政党の伸張などドイツ民族主義の位置づけが問われている。
出典:オーストリア – Wikipedia

オーストリアはここ

<世界遺産>

1. ウィーン歴史地区

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

オーストリアの世界遺産の一つであるウィーン歴史地区。
旧市街には、シュテファン寺院をはじめとした歴史的建造物が集中しています。

ウィーン歴史地区(Historic Center of Vienna)
住所:Neuer Markt 9 1010 Wien

2. ザルツブルク歴史地区

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

街中に音楽が溢れる、歴史ある旧市街、ザルツブルクは、ヨーロッパの中でも最も美しい場所の一つとして、世界遺産に登録されています。ロマンチックな街並みとともに、荘厳な建築物が建ち並んでいます。
また、モーツァルト生誕地としても知られるこの街では、多くのコンサートが開催されています。

ザルツブルク歴史地区(Historic Centre of the City of Salzburg)
住所:5020 Salzburg Austria

3. ザルツカンマーグート

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

世界でも最も美しい湖畔の町の一つとして知られている、ザルツカンマーグート(Salzkammergut)南部にあるハルシュタット(Hallstat)と周辺地域、ダッハシュタイン山塊(Dachstein)は、「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として世界遺産に登録されています。

ザルツカンマーグート(Salzkammergut)
住所:Markt 28 5360 St. Wolfgang im Salzkammergut

4. ノイジィードラー湖

Photo credit: Christiane Jodl via flickr cc

Photo credit: Christiane Jodl via flickr cc

世界遺産に指定されている、中欧唯一のステップ湖、ノイジィードラー湖(Neusiedler See)です。ハンガリーとウィーンの国境近くにあるこの湖は、多くの自然に囲まれ、コウノトリなど多くの野生生物の繁殖地となっています。

ノイジィードラー湖(Neusiedler See)
住所:Hauptplatz1 7100 Neusiedl am See

5. ヴァッハウ渓谷

Photo credit: Woody Hibbard via flickr cc

Photo credit: Woody Hibbard via flickr cc

ドナウ川流域で最も美しいと言われている、ヴァッハウ渓谷は、ドナウ川下流に広がる景勝地であり、約36kmに及ぶ渓谷全体がユネスコ世界遺産に登録されています。

Wachau(ヴァッハウ渓谷)
住所:Domane Wachau Austria
アクセス:
<ウィーンからドナウ川遊覧船を利用する場合(4月〜10月の夏期のみ)>
ウィーン〜デュルンシュタイン(Dürnstei)間を1日1往復
料金:26ユーロ(片道)32ユーロ(往復)
所要時間:上り(約6時間)下り(4時間20分)
ドナウ川遊覧船についてはこちら。

<ウィーンから鉄道を利用する場合>
ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)発→メルク駅(Bahnhof Melk)着
メルク駅から、ドナウ川遊覧船を利用して、デュルンシュタイン駅(Bahnhof Dürnstein)へ。
デュルンシュタイン駅→(クレムス経由)→ウィーン・フランツ・ヨーゼフ駅(Wien Franz-Josefs Bahnhof)
料金:約17ユーロ~19ユーロ(特急列車、片道)
所要時間:約50~60分
鉄道の詳しい時間についてはこちら。

6. シェーンブルン宮殿

Photo credit: Michi Tsukishima「ウィーン・シェーンブルン宮殿へ大人の遠足!」

Photo credit: Michi Tsukishima「ウィーン・シェーンブルン宮殿へ大人の遠足!」

世界で最も美しい宮殿の一つ、シェーンブルン宮殿と広大な庭園は、ユネスコ世界文化遺産に指定されています。
かつてハプスブルク皇帝の夏の離宮であったこのバロック宮殿では、144室のうち約40室が一般公開されています。

シェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn)
住所:Schönbrunner Schlossstraße 1130 Wien
アクセス:地下鉄U4番線シェーンブルン(Schönbrunn)駅またはヒーツィング(Hietzing)駅から徒歩5分
開館時間
4月1日~6月30日:8:30~17:30
7月1日~8月31日:8:30~18:30
9月1日~10月31日:8:30~17:30
11月1日~3月31日:8:30~17:00
電話番号:+43 1 811 13 239
休館日:無
料金:12,9ユーロ(大人)9,5ユーロ(6歳〜18歳)11,9ユーロ(9歳〜25歳までの学生/証明証が必要)11,9ユーロ(障害のある方/証明書が必要)無料(目の見えない方、車椅子の方の同伴者/証明書が必要)※オーディオガイドつき(日本語あり)
HP:http://www.schoenbrunn.at/en.html
※HPからもチケットの購入が可能

7. エッゲンベルク城

Photo credit: Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行」

Photo credit: Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行」

グラーツ旧市街とともに世界遺産に登録されている、エッゲンベルク城。
エッゲンベンルク氏の居城でもあったこの場所は、現在は美術館として公開されています。なんと、豊臣時代の大阪図の屏風絵が飾られています。

エッゲンベルク城(Schloss Eggenberg)
住所:Eggenberger Allee 90 8020 Graz
電話:T +43 316/8017 9532
開館時間
城内の部屋:(火曜〜日曜)10:00〜17:00 ※4月中旬〜10月末まで
ガイドツアー:10:00、11:00、12:00、14:00、15:00、16:00
公園:(夏期)9:00〜19:00(冬期)8:00〜17:00
HP:https://www.museum-joanneum.at/en/palace-and-gardens-schloss-eggenberg/your-visit

8. ゼメリング鉄道

Photo credit: Herbert Ortner, Vienna, Austria (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

Photo credit: Herbert Ortner, Vienna, Austria (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

ゼメリング鉄道は、ウィーン〜グラーツ間を結ぶ世界で最初の山岳鉄道です。鉄道全体が世界遺産に登録されていて、車窓からのぞく自然の美しさに心が癒されます。

ゼメリング鉄道(Semmering Railway)
住所:Steinhof 2680 Berndorf Austria
HP:http://www.semmeringbahn.at

<ウィーン>

9. 美術史美術館

Photo credit: Hiroyuki Fukagawa「流石は音楽の都ウィーン…馬人間が博物館前でアコーディオンを弾く」

Photo credit: Hiroyuki Fukagawa「流石は音楽の都ウィーン…馬人間が博物館前でアコーディオンを弾く」

1日では周りきれないほどのコレクションを所有する美術史美術館。古代から19世紀に至るまでのヨーロッパ各地の美術品を収蔵しています。
美術史美術館ウィーンのチケットで、ヘルデンプラッツにある新王宮(Neue burg)のエフェソス博物館、古楽器コレクション、狩獣・武器コレクションにも入場できます。

美術史美術館(Kunst Historisches Museum Wien)
住所:Maria Theresien-Platz 1010 Wien
電話番号:+43 1 525 24 0
アクセス:地下鉄U2号線ミュージアムクォーター(Museumsquartie)駅から徒歩3分
開館時間:10:00〜18:00(木曜日10:00〜21:00)
休館日:月曜
料金:34ユーロ(年間チケット)14ユーロ(大人)13ユーロ(ウィーンカード提示)
無料(19歳以下)
※その他お得なコンビチケット、割引あり。また、国際学生証提示で割引あり。
HP:http://www.khm.at
※HPからもチケットの購入が可能

10. ウィーン国立歌劇場(国立オペラ座)

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「はじめてのヨーロッパ一人旅 ウィーン ブラチスラバ」

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「はじめてのヨーロッパ一人旅 ウィーン ブラチスラバ」

ウィーン国立歌劇場(国立オペラ座)(Wiener Staatsoper)
住所:Opernring 2,1010,Wien
アクセス:
・地下鉄U1、U2、U4番線カールスプラッツ(Karlsplatz)駅徒歩2分
・トラム1、2番線オーパ(Oper)駅すぐ
営業時間:開催されるプログラムによる
休館日:開催されるプログラムによる
料金:開催されるプログラムによる
HP:http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/Startseite-Content.jp.php
※HPからのチケット購入可

11. ミヒャエル広場

Photo credit: Arian Zwegers via flickr cc

Photo credit: Arian Zwegers via flickr cc

中世の雰囲気が漂う、ミヒャエル広場。
この場所は、観光用の馬車が行き来する場所でもあり、常に賑わっています。圧倒的な存在感を放つミャエル門は王宮への入り口です。

ミヒャエル広場(Michaelerplatz)
住所:Michaelerkuppel 1010 Wien

12. 市庁舎前広場

Photo credit: Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」

Photo credit: Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」

この広場では、年間を通して、音楽映画フェスティバル、クリスマスマーケット、アイススケート会場などさまざまなイベントが開催される地元の人にも大人気の広場です。イベント期間中には、世界の味を楽しめるスタンドも数多く出店されます。

市庁舎前広場(Rathausplatz)
住所:Rathausplatz 1010 Wien
アクセス:地下鉄U2番線ラートハオス(Rathaus)駅からすぐ
開催時間:イベントにより異なる
料金:イベントにより異なる
詳細情報:
音楽映画フェスティバルについてはこちら。
クリスマスマーケットについてはこちら。
アイススケートについてはこちら。

13. モーツァルトハウス・ウィーン

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「はじめてのヨーロッパ一人旅 ウィーン ブラチスラバ」

Photo credit: 新田浩之(Nitta Hiroshi)「はじめてのヨーロッパ一人旅 ウィーン ブラチスラバ」

シュテファン寺院から徒歩3分のところにある、モーツァルトハウス・ウィーン。モーツァルトが1784年から1787年にかけて住んでいた、現存する唯一の家であり、モーツァルトに関する展示や、特別展、コンサートなどが催されます。

モーツァルトハウス・ウィーン(Mozarthaus Vienna)
住所:Domgasse5 1010 Wien
電話番号:43 1 512 17 91
開館時間:10:00〜19:00 ※最終入場は18:30
料金:11ユーロ(大人)※Vienna pass提示で無料
Vienna passについての詳しい情報はこちら。
HP:http://www.mozarthausvienna.at/opening-hours-prices/

14. ミュージアム・クォーター(MQ)

Photo credit: Nicolas Vollmer via flickr cc

Photo credit: Nicolas Vollmer via flickr cc

大規模な文化施設として有名なミュージアム・クォーター(MQ)。バロック建築から、近代建築まで様々な様式で建てられた美術館が多く集まっている施設です。
レストランやカフェ、本屋もあるので、美術館を訪れることが目的ではなくても、休憩したり会話を楽しむことができます。
心地よい風にあたりながら、パンとコーヒー、お気に入りの本を持ってのんびりしてみてはいかがでしょうか。

ミュージアム・クォーター/Museumsquartier(MQ)
住所:Museumsplatz 1 1070 Wien
アクセス:地下鉄U2番線ミュージアムクォーター(Museumsquartie)駅から徒歩3分
営業時間:10:00〜19:00 ※各施設による
休業日:無
HP:http://www.mqpoint.at

15. ウィーン市立公園

Photo credit: Leon Yaakov via flickr cc

Photo credit: Leon Yaakov via flickr cc

ヨハンシュトラウスの像や、シューベルトをはじめとした作曲家銅像がある公園として有名です。小さな公園ですが、自然がたくさんあり、散歩に適した素敵な公園です。

ウィーン市立公園(Stadtpark)
住所:Stadtpark Parkring 1010 Wien
電話番号:+43 1 4000 80 42
HP:https://www.wien.gv.at/umwelt/parks/anlagen/stadtpark.html

16. レオポルド・ミュージアム

Photo credit: Paul Hudson via flickr cc

Photo credit: Paul Hudson via flickr cc

巨匠エゴン・シーレの世界最大のコレクションを収蔵する、レオポルド美術館。
エゴン・シーレの「自画像」、グスタフ・クリムトの晩年の名画「死と生」をはじめとする珠玉の世紀末芸術が収蔵・展示されています。中でも、200点にも及ぶエゴン・シーレの作品は必見です。

レオポルド・ミュージアム(Leopold Museum)
住所:Museumsplatz 1 1070 Wien
電話番号: +43 1 525 70 0
アクセス:地下鉄U2番線ミュージアムクォーター(Museumsquartier)駅から徒歩1分
営業時間:10:00〜18:00(木曜 10:00〜21:00)
休館日:火曜
料金
13ユーロ(大人)8ユーロ(28歳以下、小学生〜高校生/証明できるカードもしくは国際学生証を提示)9ユーロ(28歳以下の学生)9,50ユーロ(60歳〜)無料(7歳以下)
※その他お得なコンビチケット、割引あり。
HP:http://www.leopoldmuseum.org/
※HPからもチケットの購入が可能

17. カプツィーナー納骨堂

Photo credit: David Clay via flickr cc

Photo credit: David Clay via flickr cc

ウィーンの観光名所の一つである、皇帝納骨所・カプツィーナー教会。皇帝フランツ・ヨーゼフ、皇妃エリザベート、皇太子ルドルフが並んで納骨されています。

カプツィーナー納骨堂(Kapuzinergruft)
住所:Tegetthoffstraße 2 1010 Wien
電話番号:+43 1 525 70 0
アクセス:
地下鉄U1、U2、U4番線カールスプラッツ(Karlsplatz)駅、または地下鉄U1、U3番線シュテファンプラッツ(Stephanplatz)駅から徒歩5分
営業時間:10:00〜18:00
料金:5ユーロ(大人)2ユーロ(14歳以下)4ユーロ(シニア、学生)
HP:http://www.kaisergruft.at

<ザルツブルク>

18. 聖ペーター修道院

696年に創設されたドイツ圏最古の修道院、聖ペーター修道院は、天井のフレスコ画や壁面の装飾が美しく、神聖な気持ちになれる場所です。
また、この場所はサウンド・オブ・ミュージックのロケ地としても有名です。

聖ペーター修道院(St. Peter’s Abbey)
住所:St. Peter Bezirk off Kapitalpl Salzburg
電話番号:+43662 844576 0
開館時間
5月〜9月:10:00〜18:00
10月〜4月:10:00〜17:00
料金:2ユーロ(大人)1,5ユーロ(6歳〜16歳)
※料金についてはHPを参照
HP:http://www.stift-stpeter.at/

19. ヘルブルン宮殿

Photo credit: The original uploader was Henning.Schröder at German Wikipedia (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: The original uploader was Henning.Schröder at German Wikipedia (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

仕掛け噴水で有名な、ヘルブルン宮殿です。
ザルツブルク市街地から少し離れたところにある、この豪華な宮殿内のいたるところには、面白い仕掛けがたくさんあります。行く価値ありの楽しいスポットです。

ヘルブルン宮殿(Schloss Hellbrunn)
住所:Fürstenweg 375020 Salzburg
電話番号:+43662 820372 0
開館時間
4月、10月、11月:9:00〜16:30
5月、6月、9月:9:00〜17:30
7月、8月:9:00〜21:00
※11月〜3月は休業
料金:10,5ユーロ(大人)5ユーロ(4歳〜18歳)8,5ユーロ(20名以上の団体)7ユーロ(19歳〜26歳の学生)
※料金についてはHPを参照
HP:http://www.hellbrunn.at

20. メンヒスベルクの丘

Photo credit: Roger W via flickr cc

Photo credit: Roger W via flickr cc

エレベーターで頂上に登ると、ザルツブルク旧市街を見下ろせる絶景の丘に到着します。ホーエンザルツブルク城塞と旧市街を一望できる絶景ポイントです。

メンヒスベルクの丘(Monchsberg)
住所:Gstattengasse 13 Salzburg 5020 Austria
アクセス:ザルツブルク現代美術館にあるエレベーターで頂上までの移動が可能。
営業時間:(月曜)8:00〜19:00(火曜〜日曜)8:00〜21:00
料金(片道):3,4ユーロ(大人) 1,1ユーロ(6歳〜14歳)1,9ユーロ(10名以上の団体)
HP:http://www.salzburg.info/en/service/infos/moenchsberg-lift_az-257450

<ザルツカンマーグート地方>

21. ザンクト・ギルゲン

Photo credit: Sorin Nechita via flickr cc

Photo credit: Sorin Nechita via flickr cc

オーストリア中部、ザルツカンマーグート(Salzkammergut)地方の町、ザンクト・ギルゲン(Sankt Gilgen)。ウォルフガング湖に面するこの場所は、優雅な静けさが残る保養地として人気の高い湖畔の街です。

ザンクト・ギルゲン(Sankt Gilgen)
住所:Salzburg-Umgebung Salzburg Austria

22. ゴーザウ湖

Photo credit: Alfred Bina via flickr cc

Photo credit: Alfred Bina via flickr cc

ハルシュタットまで来たら、絶対行くべき神秘の山と湖の地、ゴーザウ湖(Gosauseen)。透明度の高い水面に、山々が映し出される景色は絶景です。

23. マルクト広場

Photo credit: Reisender1701 via flickr cc

Photo credit: Reisender1701 via flickr cc

ハルシュタットの街の中心地にある、ちいさな広場、マルクト広場(Marktplatz)です。中央には噴水があり、レストランやお土産屋さん、ホテルなどが並んでいます。

<ヴァッハウ渓谷周辺>

24. メルク修道院

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

メルクの街に着くと、まずはじめに目に付く大きな黄色い建物がメルク修道院です。貴重な中世の書物を多く収蔵している図書館や、付属している教会は圧巻の美しさです。
修道院のテラスからは、ドナウ川を見渡せます。

メルク修道院(Stift Melk)
住所:Abt Berthold Dietmayr Straße 1 3390 Melk
電話番号: +43 2752 5550
アクセス:メルク(Melk)駅から徒歩10分
開館時間
3月末〜4月、10月:9:00〜16:30
5月〜9月:9:00〜17:30
※11〜3月末はガイドツアーでのみ見学可能
料金:9,5ユーロ(大人)
HP:http://www.stiftmelk.at

25. デュルンシュタイン

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

メルク修道院からヴァッハウ渓谷クルーズに乗り、終点から1つ手前で降りると、青い修道院が目印の小さな島、デュルンシュタインに到着します。
ぶどう畑としても有名なこの場所では、オーストリアで最も高級なワインが造られている場所でもあります。そのため、多くのホイリゲ(ワイン酒場)があります。

デルシュタイン(Dürnstein-Oberloiben)
住所:Dürnstein 25 3601 Dürnstein
アクセス:
ウィーンからは、ブルゲンラント州(Burgenland)の州都アイセンシュタット(Eisenstadt)まで行き、徒歩でデルシュタインまで向かう。

<鉄道>
フランツ・ヨーゼフ駅(Franz-Josefs-Bahnhof)→クレムス駅(Bahnhof Krems am der Donau)着後、シュピッツ(Spitz an der Donau)方面行きの各駅停車、またはバスに乗り換える。所要時間約1時間半。
・鉄道の場合
Bahnhof Dürnstein-Oberloiben(デュルンシュタイン・オーバーロイベン駅)下車
・バスの場合
Parkplaz Ost, Dürnstein(パルクプラッツ・オスト・デュルンシュタイン)下車
下車後、葡萄畑の中を約10分ほど進む。
鉄道についての詳しい情報はこちら。

26. ルスト

Photo credit: Roman Pfeiffer via flickr cc

Photo credit: Roman Pfeiffer via flickr cc

ハンガリーとの国境近くにある街、ルスト。世界遺産であるノイジィードラー湖の近くにある、パステルカラーの小さなかわいい街です。
また、コウノトリが子育てをする街、オーストリア有数のワイン産地としても有名です。

ルスト(Rust)
アクセス:
ウィーンからは、アイセンシュタット(Eisenstadt)まで行き、徒歩でルストまで向かう。ウィーン中央駅から鉄道を利用する方法と、ウィーンからバスを利用する方法があるが、乗り換えがないバス利用が便利。

<ウィーン中央駅から鉄道を利用する場合>
・パムハーゲン(Pamhagen)方面行き→ノイシードル・アム・セー(Neusiedl am See)で乗換え→アイセンシュタットで下車。所要時間1時間強。
・ドイチェクロイツ(Deutschkreutz)方面行き→ウルカプロデァスドルフ(Wulkaprodersdorf)で乗換え→アイセンシュタットで下車。下車後、坂道を進む。所要時間1時間強。
鉄道についての詳しい情報はこちら。

<ウィーンからバスを利用する場合>
ウィーン中央駅1、2番ホーム(Wien Hauptbahnhof, Bahnsteige 1-2)に隣接するバス・ターミナルからアイセンシュタット行き→中心部のドーム広場(Domplatz)下車。所要時間約1時間。

27. リンツ

Photo credit: Cristian Bortes via flickr cc

Photo credit: Cristian Bortes via flickr cc

リンツ(Linz、Linz an der Donau)は、オーストリアの都市。オーバーエスターライヒ州の州都。人口は約19万人。ウィーン、グラーツに続くオーストリア第3の都市である。また、ナチスのアドルフ・ヒトラーの故郷はその近郊のブラウナウ・アム・インである。2009年の欧州文化首都に選ばれている。世界で最も古いケーキとも言われるリンツァートルテ発祥の地としても有名である。
出典:リンツ – Wikipedia

リンツ(Linz)
住所:Hauptstraße 1–5 4041 Linz
アクセス
<鉄道>
・ウィーン西駅(Westbahnhof)から特急で約2時間。
・ザルツブルクから約1時間。
・グラーツから約3時間半。
<ドナウ川定期船>
5〜9月のシーズンには、ウィーンからリンツ行きの定期船が就航、約16時間
<飛行機>
ウィーンからリンツ(Linz)空港まで約45分。
<車>
・ウィーンからアウトバーンA1で約2時間。
・ザルツブルクから約1時間。

<その他の地方>

28. クラーゲンフルト

Photo credit: Johann Jaritz (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0, CC BY-SA 2.5-2.0-1.0, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Johann Jaritz (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0, CC BY-SA 2.5-2.0-1.0, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

クラーゲンフルト(独: Klagenfurt)は、オーストリアの都市。ケルンテン州の州都。郡に属さない憲章都市(Statutarstadt)であるが、クラーゲンフルト=ラント郡の郡庁が置かれている。
2007年7月3日から公式名をクラーゲンフルト・アム・ヴェルターゼー(Klagenfurt am Wörthersee)へと変更した。またスロベニア語ではCelovecと呼ばれる。
出典:クラーゲンフルト – Wikipedia

クラーゲンフルト(Klagenfurt)
住所:Klagenfurt Austria
アクセス
<鉄道>
・ウィーン南駅(Wien Südbahnhof)から約4時間半。
・グラーツから約1時間45分。
・ザルツブルクから約3時間45分。

29. インスブルック

Photo credit: Adrián Viñas「Koala's and Joel wedding」

Photo credit: Adrián Viñas「Koala’s and Joel wedding」

チロル・アルプスの宮古である、インスブルック(Innsbruck)。
この場所はウィンタースポーツの地でもあり、800年の歴史を秘めた建築が並ぶ旧市街は、見応えがあります。
また、交通の便もよく、観光地としても人気があります。

インスブルック(Innsbruck)
住所:Statutory city Tyrol Austria

30. アイゼンシュタット

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

ウィーンから約1時間半ほどでで訪れることのできる、アイゼンシュタット(Eisenstadt)。
音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンゆかりの街でもあります。ハイドンファン必見のスポットです。

アイゼンシュタット(Eisenstadt)
住所:Statutory city Burgenland Austria

オーストリア旅行記

1. 「ザルツブルグ音楽祭2015 モーツァルトの故郷を旅して」Naori Takahashiさん

Photo credit: Naori Takahashi「ザルツブルグ音楽祭2015 モーツァルトの故郷を旅して」

Photo credit: Naori Takahashi「ザルツブルグ音楽祭2015 モーツァルトの故郷を旅して」

モーツァルトの故郷を旅しながら、ザルツブルグ音楽祭を訪れる旅。
中世の街並みに身を委ねながら、音楽に耳を傾けてみましょう。

2. 「音楽以外も世界級」Sumire Susie Nakamuraさん

Photo credit: Sumire Susie Nakamura「音楽以外も世界級」

Photo credit: Sumire Susie Nakamura「音楽以外も世界級」

オーストリア世界遺産のダッハシュタインやハルシュタットに訪れた旅。5時間かけて行くその場所には、素敵な景色が広がっています。

3. 「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」Yuki Ishiwatariさん

Photo credit: Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」

Photo credit: Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)」

ウェルヘェンにある、氷の洞窟とよばれるアイスリーゼンヴェルトを訪れた旅。
火のついたランプで灯りをともしながら、洞窟内を見学することができます。

おわりに

オーストリアのおすすめ観光スポット30個、いかがでしたか?
中世の街並みから、自然豊かなスポットまであるオーストリア、どういう旅程をつくろうか考えるだけでわくわくしてきますね!

ライター:Yuko Mayumi
Photo by: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest」

関連旅行記

*Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行」
*Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」
*Shiori Kudo「まめじょの豆な旅」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。