体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

じっくり巡りたい!オーストリアのおすすめ観光スポット30選

Photo credit: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest」

Photo credit: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
中世の街並みが息づく、オーストリア。芸術に秀でるオーストリアをじっくり、ゆっくりと時間をかけて観光してみませんか? 美しい街中を散歩しながら観光するだけでも、心が癒されるでしょう。
今日はそんな魅力たっぷりのオーストリアの観光スポットを30ヶ所ご紹介します。

オーストリア

概要

オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、ドイツ語: Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都はウィーン。
ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。
中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。1938年には同じ民族の国家であるナチス・ドイツに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には連合国軍による分割占領の時代を経て、1955年の独立回復と永世中立国化により現在につづく体制となった。
音楽を中心に文化大国としての歴史も有する。EU加盟以降は、同言語・同民族の国家同士でありながら複雑な国際関係が続いてきたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、国内でも右派政党の伸張などドイツ民族主義の位置づけが問われている。
出典:オーストリア – Wikipedia

オーストリアはここ

<世界遺産>

1. ウィーン歴史地区

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

オーストリアの世界遺産の一つであるウィーン歴史地区。
旧市街には、シュテファン寺院をはじめとした歴史的建造物が集中しています。

ウィーン歴史地区(Historic Center of Vienna)
住所:Neuer Markt 9 1010 Wien

2. ザルツブルク歴史地区

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」

街中に音楽が溢れる、歴史ある旧市街、ザルツブルクは、ヨーロッパの中でも最も美しい場所の一つとして、世界遺産に登録されています。ロマンチックな街並みとともに、荘厳な建築物が建ち並んでいます。
また、モーツァルト生誕地としても知られるこの街では、多くのコンサートが開催されています。

ザルツブルク歴史地区(Historic Centre of the City of Salzburg)
住所:5020 Salzburg Austria

3. ザルツカンマーグート

Photo credit: Yuichi Kudo「オーストリアぐるっと周遊の旅」
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。