ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

爆破撮影が1回1500円!?特撮でお馴染みの爆破シーンがコスプレ撮影できる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特撮ドラマを観ているとここぞ!という場面で登場する爆破シーン。ヒーロー達の背後でチュドーンと爆破しているアレです。その爆破シーンをコスプレしながら撮影できるイベントがネットで話題になっていました。しかも1回1500円とか?

安すぎやしませんか?その謎を探るべく、主催するコスナビの方に詳しい話をうかがってみました。

【関連:刺繍は全て手仕事!約6年かかった『乙嫁語り』アミル衣装ついに完成】

(写真:コスナビ提供/セメント爆破)

■1回の爆破を共有することで1人1回の料金を抑えている

爆破撮影といわれるものは、そもそも撮影イベントの中で行っているオプションサービスだそうです。
直近は3月19日・20日開催の『IKUSA 春の陣 岩船山クリフステージ』(栃木県下都賀郡)での実施が予定されています。ただし、こちらは既に満員御礼(1月25日取材時情報)。次回開催は11月に計画しているそうです。今後、開催数を増やす予定がないか質問してみたところ、「あまり人が集まるイベントではないので、開催数を抑えています。」という回答でした。

そして気になる費用はというと、「イベント参加費5000円+別途1人1回1500円」が必要。

爆破については1回を一人で占有できるわけではなく、参加するその他の人と共有して撮影するそうです。1回の爆破はそこそこ大きなものになるので、ある程度間隔をあけると撮影に支障はないとの話。1回の爆破にはそれなりのコストがかかることから、皆で共有することにより1人1回の料金が抑えられているそうですよ。

なお、複数回撮影したい場合は1回ごとに1人1500円が加算されます(2回例:イベント参加費5000円+別途3000円=8000円)。
カメラマンやコスプレしない人については参加費2500円のみです。

(写真:コスナビ提供/岩船山テスト撮影)

■爆破は「セメント爆破」と「ナパーム爆破」

気になる爆破種類ですが煙が四方に飛び散る感じの「セメント爆破」と、紅蓮の炎があがるド派手な「ナパーム爆破」の2種類。勿論プロのスタッフが爆破作業を行います。

(写真:コスナビ提供/ナパーム爆破)

何故こうした特殊サービスが提供できるのか、コスナビの方にさらにたずねてみたところ?本業はロケ地コーディネートをされている会社さんだそうです。なるほど!
今回の撮影現場についてもドラマの撮影と同じ手順で、消防、地主など関係各所にきちんと許可・申請を行い、プロの手により実施されるそうです。ちょっと豪華かつ、安心ですね。
他にも爆破撮影を扱うイベントでは「ファイヤー撮影」(1人5000円)に「松明」(1本1000円)というオプションも用意されています。

(写真:コスナビ提供/ファイヤー撮影)

3月開催分は既に予約が一杯とのことですが、現在エリアを拡大できないか運営側で交渉中だそうです。もし追加が決定した場合には20名の募集が行われます。その次の開催、11月分については3ヶ月前告知を予定してるそうです。

ちなみに同社では他のコスプレ特殊撮影も提供していて、静岡県御殿場市では乗馬撮影プランを提供しているそうですよ。こちら含めて気になる方は、コスナビ公式Twitter、公式サイトを確認してください。

(写真:コスナビ提供/日中はこんな写真が撮れる)

▼取材協力:
コスナビ
コスナビTwitter(@cosnavi1)

(取材:宮崎美和子)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP