ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本を開くと明かりがつく!「ブック型ライト」が素敵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。

あらゆるシーンに合わせて
色々なカタチに変化!

この「ルミオエスエフ」は、繊細なレーザーカットが施された「木の表紙」と、高性能LEDを搭載した耐水性のあるタイペックを使用した「シェード」で構成された、本型の充電式ポータブルライトです。

付属のパーツを使えば、360度に広げて立てて使用することが可能。また、内蔵の磁石により金属の平面に取り付けることもできます。

つまり、あなたのニーズに合わせて“変幻自在”。屋外でのパーティーや子どもへの読み聞かせなど、多くのシーンでエレガントな灯りを提供してくれるでしょう。



本を開くとLEDライトが点灯、閉じると消灯する簡単操作。ライトはUSBで充電可能です。

2色展開
価格は29,600円(税別)


価格は29,600円(税別)で2色展開。ちなみに、一回りコンパクトなサイズの「ミニ・ルミオプラス」(22,600円・税別)も発売中です。ぜひ以下の動画で、使用のイメージを膨らませてみて!

Lumio Intro Video from Lumio on Vimeo.

Licensed material used with permission by ARK TRADING ,INC.

関連記事リンク(外部サイト)

【今年も泣ける。】頑張る受験生に、カロリーメイトが送ったメッセージCM
「おっとっと!」と言ってしまう、楽しいワイングラス(動画あり)
「ゆでたまご早見表」は、茹で時間がひと目でわかる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP