ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「介護施設」選び、失敗しないための”5つ”の質問!

  • ガジェット通信を≫


親の老後を考えるにあたって、選択肢の1つとして知っておきたい介護施設。でも、どんなタイプの施設があり、料金はどの程度で、どんなサービス内容なのか、なかなか知る機会がないと思います。

そこで今回は、介護業界に精通したケアマネージャーに詳しく聞いてみました。

介護施設を決定するまでの流れ

実際に施設を見学する際には、以下の7つのポイントをチェックしてみてください。

その1:食事をとるスペースが十分に確保されているか

・介護老人保健施設

・グループホーム

・有料老人ホーム

・ケアハウス

…など様々な種類があります。施設によって利用用途や目的が、それぞれ異なる場合がありますので、事前にしっかり調べておきましょう。

次に、どこにどのような施設があるかを調べます。各市区町村役場にある介護保険課などの窓口に問い合わせをしたり、介護保険情報公開サービスなどのインターネットで調べることも可能です。

そして具体的な介護施設を選定したら、電話で詳細を聞いたり、施設の見学が可能かを問い合わせてみましょう。施設見学は必ず行ってください。ウェブやパンフレットだけで決定し、実際に契約の際に話が異なるという話もありますので、目と耳で実際に確認し、疑問に思うことを確認しましょう。

施設見学で確認すべき7つのポイント

実際に施設を見学する際には、以下の7つのポイントをチェックしてみてください。

その1:食事をとるスペースが十分に確保されているか

その2:多くの場所で排泄物などの異臭がしないか

その3:日中、ホールなどでリハビリやレクリエーションを実施しているか

その4:トイレなどプライバシースペースが確保されているか

その5:人員不足な印象を受けないか(職員が走り回っているなど)

その6:入居されている方へ職員が適切な言葉遣いをしているか

その7:身体拘束や行動制限などが無作為に行われていないか

施設の職員に聞きたい5つの質問

施設の職員との面談は、疑問を解決する大切な場です。以下の5点は最低限確認しましょう。

質問1:入居費用などのお金についてはもちろん、事前に家族が準備しなくてはならないものや継続的に負担しなくてはならないものは何か

質問2:介護看護職員は日中・夜間ともにそれぞれ何人配置しているか 

質問3:(終身タイプであれば)どこまで介護の手間や医療行為が増えても入居していられるか

質問4:病院を受診する場合、通院送迎は誰が行うか 

質問5:(骨折や肺炎などで)入院した場合、再入居は可能か

ケアマネージャーからのアドバイス

介護施設に入居してから「聞いていた話と違う!」とならないように、施設を決める際には十分な吟味が必要です。ウェブの閲覧や実際の訪問を通して、しっかり調べてから決めるようにしましょう。

もし不安があれば、福祉職の知人などを一緒に連れていくことをオススメします。ぜひ、後悔のない選択を。

(監修:ケアマネージャー 菊地 芳一)

関連記事リンク(外部サイト)

介護をする際に、もっとも困難に感じるのは?
“認知症ケア”で大切なことは?
いざという時のために知っておきたい、介護の現実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。