体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見るだけで楽しい!道後の最先端アートな街のお散歩観光コース♪

見るだけで楽しい!道後の最先端アートな街のお散歩観光コース♪ 道後

愛媛県の道後温泉は夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にもなった歴史のある温泉です。しかし道後温泉はその名にあぐらをかくことなく新たな魅力でわたしたちを惹きつけます。それがアートです。

夜の闇にアートが浮かび上がったり、それを楽しむ人達で集まったりすれば、道後温泉はまさにユートピアへと変貌します。今、最も注目を集めている温泉、道後温泉の魅力をたっぷりご紹介します。

1、道後温泉本館

道後温泉のシンボルが新たに生まれ変わる!

道後

道後温泉本館。そのエントランスの陣幕が蜷川実花の作品で彩られ明るくかわいい雰囲気に

国の重要文化財に指定されるほど歴史的価値が高い道後温泉本館ですが、それをそのまま大事に保存すれば良いという発想ではなく、攻めの姿勢に転じているのが、新しい魅力。

例えばエントランスの陣幕が蜷川実花の作品で彩られ、明るくかわいい雰囲気に変身しています。他にも館内に施された様々なアートも必見、是非いろいろと探してみよう。 道後温泉本館

TEL/089-921-5141

住所/松山市道後湯之町5-6

営業時間/6時~23時(22時30分札止)

定休日/なし

料金/神の湯二階席大人840円、子ども420円、霊の湯二階席大人1250円、子ども620円

アクセス/伊予鉄道道後温泉駅より徒歩5分

駐車場/道後温泉駐車場30分100円

「道後温泉本館」の詳細はこちら

2、道後温泉椿の湯

大きな暖簾が大迫力の観光スポット

道後 鮮やかな暖簾が大人気。観光客から地元の人まで幅広く愛されている公衆浴場

道後温泉本館のほど近くにあり、姉妹湯でもある公衆浴場「椿の湯」。ともに道後温泉のシンボル的な存在です。地元の人からも、そして観光客からも圧倒的な支持を受け、愛されています。

その入口を飾るのは、松山市の花・椿の大輪の作品を大胆に配置した大暖簾です。その幅は約4mもあり迫力満点、道後温泉に来た際にはここで記念撮影をするのがおすすめです! 道後温泉椿の湯

TEL/089-935-6586

住所/松山市道後湯之町19-22

営業時間/6時30分~23時(22時30分札止)

定休日/なし

料金/400円、子ども150円

アクセス/伊予鉄道道後温泉駅より徒歩3分

駐車場/道後温泉駐車場30分100円

「道後温泉椿の湯」の詳細はこちら

3、道後温泉本館インスタレーション

幻想的な道後温泉が繰り広げられる

道後 闇夜に浮かぶ幻想世界。蜷川実花の作品全45点を配置

夜になると、北側と西側の障子、西側のガラスなど道後温泉本館に施された蜷川実花の作品がライトアップされて温泉地の夜に幻想的な光景が浮かび上がります。また、夜になると南側3階で映像作品が投影されて、まさに建物全体がアートに変貌します。

道後温泉の伝統と新しいアートが見事に調和している光景です。温泉でポカポカの体でこの光景を眺めていると、気持ちは夢心地になってしまいます。 道後温泉本館インスタレーション

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。