ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日中韓 国際好感度と好きな外国料理でいずれも日本が1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アジアの隣国として比較されることが多い日本・中国・韓国。海外から見た3国のイメージについて、客観的な数字で比較してみよう。

■国際好感度
(1)日本 5位
(2)中国 9位
(3)韓国 11位

■アジアにおける最も重要なパートナー
(1)日本 46%
(2)中国 26%
(3)韓国 13%

 英BBCワールドサービスが世界24か国の約2万5000人を対象に、17か国について行った「国際イメージ調査」によると、日本の国際好感度は17か国中第5位。中国は9位、韓国は11位となっている。

 ヨーロッパやアメリカで中韓両国が日本に対しネガティブキャンペーンを展開している中では健闘していると言えるのかもしれないが、2012年には好感度1位、2013年が4位、そしてこの2014年が5位と順位を下げ続けていることを考えると、3国中トップだからといって喜んではいられないだろう。

 日本の経済成長には翳りが見えつつも、信頼という価値観は揺るがない。

 アメリカのみを対象に行った調査もある。外務省が行ったアメリカにおける対日世論調査によると、「アジアにおける最も重要な米国のパートナー」として最も多くの人が挙げたのが日本。次いで中国、韓国となった。

 食生活や食習慣は国にとっての大きなアイデンティティのひとつ。3国ともに、和食、中華料理、韓国料理という特徴的な自国料理を持っている。

 ジェトロ(日本貿易振興機構)が2013年に発表した海外消費者アンケートでは、中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリアの7か国に在住の消費者に「好きな外国料理」(複数回答)を聞いたところ、1位に輝いたのが日本料理。次いで中国料理、韓国料理となった。同調査と同年の12月、和食はユネスコ無形文化遺産に登録されている。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書籍紹介】日仏中 新・世界三大料理の歴史や魅力に迫る本
アジアで8割超が日本に好印象 中韓だけ日本嫌いの現実あり
炒飯をおいしく調理するためには化学が必要と中華の貴公子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。