ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お見合いには無限の可能性が!「百パーセントの夫婦」によるお見合い結婚のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“いつか出会うと信じて、王子さま/お姫さまを見つけ出す作業。そんなおとぎ話のような愛の探しかた。”

『究極の愛について語るときに僕たちの語ること』(コエヌマカズユキ/青月社)の中で、「お見合い」はそう表現されている。

ドラマでも現実でもついネガティブなものととらえられがちな「お見合い」。本書で取材されている「百パーセントの夫婦」こと有馬夫妻のケースから、実はお見合いをすべき3つのオススメポイントを紹介していこう。

 

ダメな相手は断ればいい!

“お互いに電話したり会ったりして、続けるかどうかは自分たちで決められるし。無理矢理結婚させられるとか、嫌だけど結婚するとかは全然ないですよ”

 

夫、有馬達郎氏の言葉である。「お見合い」という言葉から「無理矢理結婚させられる」というイメージが多くの人にあるかもしれない。まずそれが誤解だ。

むしろ自由に思える恋愛の方が、別れとなると厄介である。「好きだけど結婚相手としては違う」と感じるケースもある。それでも離れられずに付き合い続け、最終的には別れてしまうカップルだって少なくない。

「結婚」という目的が最初からハッキリしている分、ダメと感じたらすぐ次へと、積極的に新たな出会いを繰り返すことができるのだ。

 

出会いから結婚までが最短で済む

“お見合いって出会ってからが早いんですよね。会ってみて、気が合ったらすぐに結婚するっていうのが普通でした”

 

再び達郎氏。別れも早ければ結婚も早いのがお見合いの魅力だ。恋愛の場合は、お互い「いい」と思っても、なかなか結婚に進めないケースが多い。プロポーズするのはいつのタイミングか。誕生日か、クリスマスか……など、年に一度のチャンスにかけてしまったりもする。駆け引きが厄介だ。

その点、お見合いは「結婚」というものが前提だ。気持ちが合えば一気にゴールへ向かうことができる。

 

選択肢は限られていない。実は無限大!

“すごくピッタリくる人と出会えて、ここまで波風もなくやって来られましたし、本当に幸せだと思います”

 

最後は妻、有馬妙子氏の言葉。「すごくピッタリ」だなんて言葉が出てくるのも、実は結婚までに何度も違う相手との出会いを繰り返しているから。とくに達郎氏は、親が熱心なのもあり、2年で100枚くらいのお見合い写真を見たという。恋愛なら5人でも経験していればかなり手広いと言われてしまうが、お見合いならそれ以上。会うのは常に1対1だが、納得がいくまで出会いが繰り返せる。

 

“お見合いには二種類ある。「この人でいい」という気持ちで相手を選ぶと、それはネガティブな結婚になるだろう。そうではなく、「この人がいい」と相手を選べば、きっとポジティブな結婚になるのだ。”

本書のまとめの言葉だ。有馬夫妻の話に目を通すと、今回抜き出したほんの一部分からも、我々がいかにお見合いに対して誤ったイメージを抱いてしまっているかがわかる。

そもそも現在いたる所で開催されている婚活パーティや街コンなども、一種のお見合いという見方もできる。人に紹介されるか、自分で探しに行くかの違いだ。もしお見合いを勧められたら、気を重くするのではなく、「ちょっと試してみるかな」という気持ちで受けてみるのもよいかもしれない。

ライター:平原学[ひらばるまなぶ]
ショートショート『汽笛』で2000年おはなしエンジェル子ども創作コンクール優秀賞。2001年、長編小説『レインボーロードスーパーバトル』で第4回日本自費出版文化賞入選。2013年第3回ツイッター小説大賞佳作。2013年、長編小説『ゴオルデンフィッシュ』(文芸社)出版。2014年より恋愛コラムニスト・イベントレポートライターとしても活動中。
ブログ:一日一話の創作部屋『スミズミまできく!バルさん。』 (http://ameblo.jp/iwanttobekreva/)
Facebookページ(http://on.fb.me/1LwSZvX
Twitter(https://twitter.com/chocolatesity

関連記事リンク(外部サイト)

カレの幼稚に見えるあの行為も実は…?!
縁結び占い師が占うDAIGO・北川景子の結婚はうまくいくのか!?子供はすぐにでもできる暗示!?
意外にやってるかも…!?SNSで投稿すると損する3つのNG投稿
恋人だと思ってたのに…彼が他の人に自分を「友達」と紹介してしまう3つの理由
【婚活女性は必見】数学者が説く、最も理想の相手と結婚する法則とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP