ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

夏の甲子園、日大三が10年ぶり2度目の優勝 愛甲氏「インパクトが強い」と強力打線を分析

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
愛甲猛氏

 第93回全国高校野球選手権大会は2011年8月20日、兵庫県・阪神甲子園球場で決勝戦が行われ、日大三(西東京)が11-0で光星学院(青森)を破り、10年ぶり2度目の優勝を果たした。

 日大三は、3回2アウトから高山のホームランで3点を先制すると、5回に1点、7回にも鈴木のホームランなどで計5点を追加。8回にも横尾の2点タイムリーで加点。計11得点を奪った。守ってはエース投手の吉永が完封。11-0の勝利で、日大三が参加4014校の頂点に立った。

 またニコニコ生放送では、「甲子園2011 ~第93回 全国高校野球選手権大会~ みんなで一緒に野球を観よう」と題し、かつて横浜高校で甲子園を沸かせ第62回大会の優勝投手となった元プロ野球選手の愛甲猛氏をゲストに迎え、テレビ実況生放送(※試合の映像・音声は流れない)を行った。愛甲氏は、日大三の強力打線について「インパクトが強い」と解説し

「インパクトの強さとは、ボールを捕まえてから押し込む力。早いスイングするだけじゃダメ。捕まえてからグッと押す。そしてバットを持つ手の握力が強いほど、ボールを捕まえたときに遠くに飛ぶ。ただ、最初から(グリップを)絞っていると力が入らない。日大三のバッターは懐、脇の部分がリラックスしている。これがグッと締まってくるんで、インパクトが強い」

とその理由を分析した。また愛甲氏は「甲子園の砂は夏と春で種類が違う」「決勝に出たピッチャーのみ、マウンドの砂を持って帰れる」など、自身の経験を元にしたトリビアも披露していた。

甲子園2011 ~第93回 全国高校野球選手権大会~ みんなで一緒に野球を観よう<テレビ実況生放送>

(岩本義和)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]甲子園2011 ~第93回 全国高校野球選手権大会~ みんなで一緒に野球を観よう – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv60446896?po=news&ref=news

【関連記事】
至学館高校”J-POP風”校歌「夢追人」、誕生のきっかけは女子学生2人の友情物語
甲子園初出場を決めた愛知・至学館高校の校歌が「まるでJ-POPのようだ」と話題
“J-POP風”校歌で知られる至学館、初戦敗退
夏の甲子園、優勝校を予想してみた
元プロ野球選手・愛甲氏、斎藤佑樹選手は「ストレートを中心に投げるべき」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。