体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料観覧日をねらって0ユーロでバルセロナを満喫しよう!

 

人気の海外観光地、第1位にも選ばれたスペイン・バルセロナには、有名なガウディ建築「サグラダファミリア」の他に、たくさんの観光スポットがあります。

そんな見どころいっぱいの観光スポットの中で、世界一周中の私が立ち寄った無料で観光ができるスポットをご紹介したいと思います。

 

ピカソ美術館

DSCF1630

photo by sakai ayaka

石畳が続く旧市街の、 13~14世紀に利用された宮殿5つを改築して1つにした石造りの美術館には、ピカソの幼少期から「青の時代」までの作品が展示されています。

建物の見た目は小さいですが、たくさんの作品をはじめ、ピカソのグッツも販売しているのでピカソ好きにはたまりません。

 

無料日は、毎月第一日曜日の15時からです。私が到着したのは30分前でしたが、建物沿いにすでに長い列が出来ていて、その人気ぶりにびっくりしました。

入場してすぐ見れるのではなく、チケットに記載された時間にならないとギャラリーへ入場することが出来ないので、お土産を見て時間をつぶしていました。

絵画好きな人でなくても、楽しめる美術館です。

【無料日】毎月第一日曜日15時~

 

グエル邸

DSCF1611

photo by sakai ayaka

ガウディが手掛けたグエル邸は、バルセロナの最大の繁華街ランブラス通りの近くに建っています。ガウディの建築というとカラフルで派手なイメージがあると思いますが、グエル邸はぼーっと歩いていると見逃してしまうほど単色で少し地味な外観です。

しかし、中は何気ない所に細かい彫刻などのこだわりがあり、見ごたえがあります。

無料開放日は、通常のチケット売場窓口で順番を待ち、人数を告げると時間指定された整理券を渡されます。近くにはお店がたくさんあるので、買い物をしながら時間をつぶすことが出来ます。

【無料日】毎週日曜日の閉館3時間前
夏(4月1日〜10月31日)17:00〜20:00
冬(11月1日〜3月31日)14:30〜17:30

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy