体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

民主・馬淵氏「東電の原発は国有化すべき」 ニコ生出演・全文書き起こし

馬淵澄夫氏

 民主党代表選出馬の意向を固めている馬淵澄夫前国土交通大臣は2011年8月18日、ニコニコ生放送「田原総一朗談論爆発!」に出演した。馬淵氏は景気回復・経済政策を多く語る中で、東日本大震災からの復興を目指す中での「増税」に対しては否定的な見解を示し、代表選のライバルである野田佳彦財務相との違いを明確にした。また大連立についても「連立ありきではダメ」と慎重な姿勢を見せた。さらに東電の原発については「国有化すべき」との考えを示し、「使用済み核燃料」の問題にも言及。自治体間取引の可能性などについても触れ、「国民全員が原子力に向き合わなくてはいけない」と主張した。

 以下、馬淵氏と番組の司会を務めたジャーナリスト田原総一朗氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。

・[ニコニコ生放送] 田原総一朗 談論爆発! ゲスト:馬淵澄夫 前国土交通相 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv59896808?po=news&ref=news#0:01

■代表選立候補に必要な20人の推薦は集まった

田原総一朗氏(以下、田原): 田原総一朗です。よろしくお願いします。

馬淵澄夫氏(以下、馬淵): よろしくお願いします。

佐々野宏美アシスタント(以下、佐々野): 馬淵前国土交通大臣のプロフィールをご紹介させていただきます。馬淵議員は奈良県奈良市ご出身で、現在50歳。大学卒業後、5年間のサラリーマン生活の後、上場企業の役員を経て、2003年11月に衆議院議員に初当選して政界入りを果たしました。その後2005年に起きた「マンションの耐震偽装問題」では、証人喚問などでの鋭い追及で一躍脚光を浴びています。そして、民主党が政権交代を果たした2009年の鳩山政権時代に国土交通副大臣に就任。翌年の菅第1次改造内閣では、国土交通大臣、内閣府特命担当大臣、沖縄および北方対策就任で初入閣を果たしました。しかし、「尖閣諸島映像流出問題」が起こり、参議院で提出された問責決議案が可決。今年1月に行われた内閣改造に伴い、大臣を退任されています。そして、プライベートでは、なんと6人のお子さんを持つお父さま。趣味のボディビルで鍛えた肉体と精神力で民主党を支えていらっしゃいます。

田原: よろしくお願いします。馬淵さん、6人のお子さんがいらっしゃる。男何人、女・・・。

馬淵: 1男5女です。

田原: 1男5女。一番上はおいくつか。

馬淵: 大学4年生で、一番下は小学校6年生。息子は4番目だから、今高校2年生。

田原: その大学にいる娘さんは、馬淵さんが(民主党代表選に)手を挙げる事に賛成か、反対か。

馬淵: うーん、何も言わないけれど、心配している風だ。

田原: 心配している。そこでちょっとお聞きしたい。(代表選に馬淵氏を)推薦する20人は集まったか。

馬淵: はい。今さらに拡大を目指している。

■復興へ向かう中で「増税」は無い

田原: もっと拡大を。しかし僕は、6人子供がいるだけで国民栄誉賞ものだと思う、この時代にね。ところで馬淵さん、今手を挙げる、それは当然民主党の代表になる、そして総理になる、首相になるわけだが、まず何をやるか。

馬淵: まず、復興。復興と原発収束という危機管理。これは徹底してやらなければダメだ。これをまず実現をした上で、15年間デフレが続いて、結局何をしようにもこの国の財政負担ということで、今予算措置もできなくなっている。まず一に経済、景気回復。ここを徹底的にやる。デフレ脱却、景気回復。

田原: 原発も聞きたいが、まず景気回復からいきたい。例えば東日本の復興のために大体、金が20兆くらいいると。10兆は復興国債を出す。あとの10兆をどうするかで、これを税金にしよう、あるいは消費税にはしないけれども、例えば法人税とか所得税でやろうという声がある。この辺は馬淵さんはどうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会