ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ムンバイ」では凧揚げが大流行!インドの大阪で感じたインドらしくない4つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドと言えば、カレーの匂いに溢れ、なにかと用心深く旅するイメージがありますが、今回ムンバイを訪れ、「あれ?インドらしくない…」と感じた4つのことをご紹介いたします。

 

カレーがほとんどない

以前、インドに来たときにはとにかくカレーがおいしかった!いや、むしろカレー以外はおいしいものがなかった。

それくらい今回のムンバイでもカレーを楽しみにしていたのだが、カレーがない!ない!ない!ない…。

 

あるとしても、ファミリーレストランに「カレーも置いているよ」くらいのもので、ほとんどがパンやピザ、パスタに炒飯など、割と「普通なもの」がたくさんありました。

インドを楽しみにされている場合、少しガッカリするかもしれませんが、逆にお腹も全く壊すことなく過ごせそうです。

photo by Shinya

 

凧あげが大流行!

ビーチに行くと、全員凧あげしています。これでもかと言うくらい凧が上がっているので、糸が絡まないのか心配になるほどです。

中には特大の凧を作り、みんなで担いできては、順番に糸を回して楽しんでいます。

一体いつから流行っているのかはわかりませんが、ビーチに行くと異様な光景が見れるかもしれないので、散歩がてら足を運んでみてください。夜になると凧が光っています。

photo by Shinya

 

ぼったくろうとしない

「インド=ぼったくろうとする、嘘をつこうとする」と言うくらいタクシーに乗るのも一苦労。

まずは言い合い、揉めあい、集られながら事が進んでいきますが、ムンバイは皆ぼったくろうとしません!タクシーに乗り、「150ルピー(約300円)でいいかい?」と聞くと、「100ルピー(約200円)でいいよ♪」と言ってきます。

 

また、3人でエレファンタ島に行った際、入場が250ルピーだったので、750ルピー渡すと、なぜか「250ルピーはいらないよ!」と返されました。真相はわかりませんが、ムンバイでは気持ちよく過ごせると思います。

※ただし、物価はインドとは思えないほど高いです

photo by Shinya

 

英語が流暢で、「ナマステ」と言わない

ホテルやレストランだけでなく、路上販売している方から、タクシー運転手まで、英語が話せます。

またインド人同士の会話を聞いていても、「ハロー」で始まり、「サンキュー」で終わることが多く、「ナマステ」と言う単語は一度も聞きませんでした。言葉が通じる分、なにをするにも快適に過ごすことができます。

photo by Shinya

 

まとめ

バラナシやデリーに比べると、インド色が薄く、旅行者にとっては過ごしやすい街であるムンバイ。

街の雰囲気や匂いは「ああインドだなあ」と感じますが、よっぽどのことがない限り、お腹も壊さず、大きなトラブルもなく過ごせると思います。

インドのような、インドじゃないようなムンバイ、是非一度足を運んでみてください。しかし、旅好き、冒険好きな方にとっては物足りなさが残るかも!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP