体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ムンバイ」では凧揚げが大流行!インドの大阪で感じたインドらしくない4つのこと

インドと言えば、カレーの匂いに溢れ、なにかと用心深く旅するイメージがありますが、今回ムンバイを訪れ、「あれ?インドらしくない…」と感じた4つのことをご紹介いたします。

 

カレーがほとんどない

以前、インドに来たときにはとにかくカレーがおいしかった!いや、むしろカレー以外はおいしいものがなかった。

それくらい今回のムンバイでもカレーを楽しみにしていたのだが、カレーがない!ない!ない!ない…。

 

あるとしても、ファミリーレストランに「カレーも置いているよ」くらいのもので、ほとんどがパンやピザ、パスタに炒飯など、割と「普通なもの」がたくさんありました。

インドを楽しみにされている場合、少しガッカリするかもしれませんが、逆にお腹も全く壊すことなく過ごせそうです。

DSC00346

photo by Shinya

 

凧あげが大流行!

ビーチに行くと、全員凧あげしています。これでもかと言うくらい凧が上がっているので、糸が絡まないのか心配になるほどです。

中には特大の凧を作り、みんなで担いできては、順番に糸を回して楽しんでいます。

一体いつから流行っているのかはわかりませんが、ビーチに行くと異様な光景が見れるかもしれないので、散歩がてら足を運んでみてください。夜になると凧が光っています。

DSC00121

photo by Shinya

 

ぼったくろうとしない

「インド=ぼったくろうとする、嘘をつこうとする」と言うくらいタクシーに乗るのも一苦労。

まずは言い合い、揉めあい、集られながら事が進んでいきますが、ムンバイは皆ぼったくろうとしません!タクシーに乗り、「150ルピー(約300円)でいいかい?」と聞くと、「100ルピー(約200円)でいいよ♪」と言ってきます。

 

また、3人でエレファンタ島に行った際、入場が250ルピーだったので、750ルピー渡すと、なぜか「250ルピーはいらないよ!」と返されました。真相はわかりませんが、ムンバイでは気持ちよく過ごせると思います。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。