体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gear VRとMilkVRを使えばネットからダウンロードした動画をバーチャルリアリティで楽しむことが可能

Galaxy シリーズ向けの VR ヘッドセット「Gear VR」でネットからダウンロードした動画をバーチャルリアリティで楽しむ方法を紹介します。Gear VR では、アプリは Oculus Store からダウンロードする形になっているので、YouTube などの Cardboard で利用できる VR 系のアプリはほとんど利用できません。その反面、Oculus Store で配布されているアプリの完成度は非常に高いので、高レベルで VR を体験できます。そうはいってもダウンロードした動画を VR で視聴したいものです。そういう時には、Samsung が海外で提供している「MilkVR」アプリを利用します。

MilkVR アプリは日本では未提供なので、OpenVPN などの VPN アプリを利用して、接続元 IP を米国に切り換える必要がありますが、Oculus Store で MilkVR をダウンロードするとネットの動画を VR 化することができます。MilkVR をインストールした後、ファイル管理アプリを使って、内蔵ストレージのトップディレクトリに「MilkVR」という名前のフォルダを作成します。この名前のフォルダに入っている動画は MilkVR で再生可能になります。

実際に再生してみましたが(上図は YouTube からダウンロードしたアーティストのライブ映像)、元々は通常の動画ファイルなので、VR カメラで撮影された動画のように 360 度アングルで視聴することはできませんが、立体感が出るので、そこそこ迫力のある感じです(あまり大きな声では言えませんが、もちろん、ムフフな動画も同様に VR 視聴できますよ)。

■関連記事
ドミノ・ピザ、ピザを注文できる「Domino’s App」のWindows 10版をリリース、Windows 10 Mobileスマートフォンでも利用可能
カシオ、デジカメ新モデル「EXILIM EX-ZR1700 / ZR1750」でスマートフォンとの連携を強化
Amazon.co.jp、速達サービス「Prime Now」を関西の一部エリアでも提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。