ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌の乾燥防ぐレンジで7秒の「レンチン化粧水」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 肌の乾燥に毎年頭を悩ませるこの季節。カサカサだと化粧ノリが悪くなるし、毛穴が目立つ悪影響もある。さらに乾燥が進めば、肌が過敏になり、かゆみや色素沈着の原因になったり、しわができたり…と取り返しがつかないことになってしまう。

「実は、冬に保湿効果を上げるのは、けっこう難しいことなんです」

 こう指摘するのは、美容ジャーナリストの永富千晴さん。

「この季節の乾燥しきった肌に化粧水をたくさんつけても、浸透しにくく、化粧水の効果を最大限に引き出せないのです」

 えっ、それじゃ打つ手なし!?…と思いきや、意外にも、手軽なケア方法があるのだ。それが「レンチン化粧水」。化粧水をレンジでチンして温めるという方法だ。

 やり方はとても簡単。使いたい量の化粧水を小皿にのせてラップをし、500Wの電子レンジで7秒ほど温めるだけ。10秒以上だと熱すぎてやけどをしたり、化粧水の成分が変化したりしてしまうので注意しよう。

 温めたらコットンに化粧水を浸して、こすらないように優しくパッティング。乾燥が気になる箇所にはしばらく置いてもいい。手でなじませてももちろんOK。たった7秒の“チン”で肌が保湿され、見違えるようになるという。

「肌が温まることで保湿成分が浸透しやすくなり、いつも使っている化粧水の本来の効果を実感できるでしょう。肌がみずみずしくなると、キメがモチモチした感じになるので、肌色がワントーン明るくなり、毛穴が目立たなくなりますよ」(永富さん)

 確かに、ほんのり温かい化粧水はミストサウナのように肌になじんでいく。目の下や目尻は特に念入りにパッティングすると、ぐんぐん吸いこまれていって、自分の肌がどれだけ乾いていたのか、実感する。

 普段の化粧水でこれだけの効果があるのだから、「もっと高い商品を使えば、より保湿効果が上がるのでは…」と思うかもしれないが、レンチン化粧水には、コンビニやドラッグストアで買える1000円程度のものがおすすめ。

「ビタミンCが含まれるものは、熱を加えると成分が変化しやすいんです。高価な化粧水は、使用感なども工夫されているため、せっかくの構造が変わってしまう可能性もある。むしろ手頃な価格帯のシンプルな化粧水の方が適しているんです」(永富さん)

 さらにプラスアルファの効果を求めるなら、厚めのフェイスタオルを濡らしてから、滴らない程度にゆるく絞り、約1分間、レンジでチンしたホットタオルがおすすめだ。

「やけどしないよう広げて温度を調整した上で顔にしばらくのせると、血流がよくなり気持ちがいいですよ。こうして毛穴を開かせてから、レンチン化粧水を浸したコットンでパックすると、より高い保湿効果が期待できます」

 当然ながら、成分の充実した、それなりのお値段の化粧水には及ばないが、安価で手軽なレンチン化粧水。いつものケアに一手間加えるだけなので、早速取り入れてみるのもいいかもしれない。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老け顔になるほうれい線 スキンケアと生活習慣で予防する方法
R40からの保湿の基本 水をたくさん飲んでも肌の水分量変わらない
化粧品メーカー社員が教えるコスパ最高商品とサンプル入手法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP