ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高1日615杯 標高1273mの山頂で食す絶品鍋焼きうどん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山の頂でしか食べられない幻の「鍋焼きうどん」がある──。そんな噂を耳にした取材班は現地へ向かった。山道にくじけそうになりながら辿り着いた先には、至福の瞬間が待っていた。

 鍋の蓋を開けると、グツグツと音を立て、白い湯気が立ち上る。ふわっと香る甘い匂いがなんとも食欲をそそる──。年の瀬の12月27日、取材班は絶品「鍋焼きうどん」に出会った。しかし、そこまでの道のりは決して容易なものではなかった。

 都心から、車で約1時間。神奈川県・秦野の「鍋割山」の標高は1273m。同行した山岳ガイドの根本秀嗣さんによると、「入門編のまろやかな山」だというが、根本氏はヒマラヤ登頂の経験もあるプロ。しかし、初心者にはきつい。よろよろと山道を登る姿に、すれ違う登山客が、

「さっきは30分待ちだったけど、遅い時間帯は行列もなくなっているからきっとすぐに食べられるよ。あと少し、がんばって!」

 と、代わる代わる声をかけて励ましてくれる。この先に、ご褒美が待っている──。その一念で、約3時間半かけてようやく山頂に到着した。

◆つゆの甘さが染み渡る

 疲労と寒さで足はガクガクだが、一目散にお目当ての「鍋割山荘」へ。

「いらっしゃい! 鍋焼きうどん、4つね!」

 と、調理場から店主の草野延孝さんが明るく迎えてくれた。はやる気持ちを抑えながら席で待つと、

「はい、できましたよ~」

 いよいよご対面だ。ワクワクしながら蓋をとるとふわっと湯気がたち、つゆの甘い香りが立ち上る。煮込まれたつゆはグツグツと音をたて、麺を覆い尽くすほどたっぷりと具材が乗っている。真ん中にはぷっくりと膨らんだ半熟の卵、その横にはホクホクのカボチャの天ぷら。きのこにお揚げにほうれん草に……と、具材をかきわけながら宝探しのような気持ちになる。

 早速、熱々のつゆをひと口。冬山で冷え切った身体にその甘さがじわっと染み渡り、疲れがほぐれた。あぁ、旨い。

◆「具材は背負って運ぶ」

 居合わせた男性客がいう。

「やっぱり何度食べてもいいなぁ。熱々のうどんは、山小屋ではなによりのごちそうだよね」

 その男性客が店主の草野さんにこう聞いた。

「ご主人、まだ『ボッカ』しているの?」

「そりゃあそうだよ。そうじゃなきゃ、鍋焼きうどんは作れないよ(笑い)」

 ボッカとは山言葉で、荷物を背負って山越えをすること。聞けば、鍋焼きうどんの具材も水もすべて、草野さんや店のスタッフらが人力で毎日、山荘へと運んでくるのだという。鍋割山荘は草野さんが小屋番を引き継いでから鍋焼きうどんを出すようになり、いつしか名物となった。それが1976年のことだ。コツコツと資材を担ぎあげて山小屋を改築し、冷蔵庫までも「ボッカ」して運んできたそうだ。

「この40年間で9500回は、ボッカしている。57歳までは110kgくらいの荷物を背負ってましたよ(笑い)。67歳になった今はもう100kg級の荷物はとても持てない。毎日ボッカするけれど若いスタッフに手伝ってもらっているので、僕が1度に荷上げするのは30~40kgくらい。2~3年くらい前まではまだ、毎日60kgくらいまではあげていたんだけどねぇ」

 草野さんは、怪力の持ち主とは思えない小柄な体型だ。そんな苦労の末につくられていたと知ると、感謝の気持ちで味わいも深みを増す。草野さんが語る。

「僕自身がヒマラヤなどに登った経験から、山小屋に到着したときは何が食べたいか考えたんです。やっぱりあったかいものが食べたいから、うどんがいいかなと。バランス良くお腹いっぱい食べてほしいから、ボリュームのある鍋焼きうどんにしました。生鮮品を揃えて手作りするのが僕のこだわりです」

 15年ほど前は1日100杯ほどの注文だったが年々その数は増え、昨年11月には過去最高の1日615杯を記録。取材班が訪れた日も280杯を売り上げていた。「年末なのに、どうしてこんなに売れるのかな」と照れ笑いするが、食べる人にその想いが伝わるからなのだろう。

 鍋焼きうどんにお腹も心も満たされ、山荘を後にした。相も変わらずよろよろと山道を下っていると、草野氏一行に追い越された。「足元に気をつけてね!」と話す草野さんの背中には、発泡スチロールの箱詰めのゴミが数箱積まれている。

 その高さは身長をゆうに超え、重さも30kgを超すという。一行はあっという間に見えなくなり、最後まで感服するばかり。心に残る、山頂の鍋焼きうどん。登山初心者には覚悟が必要だが、それに見合う感動に出会えるはずだ。

■取材・文/渡部美也 ■撮影/岩本朗

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気の冷凍さぬきうどん 小麦粉120~130種類から数種類厳選
道の駅・PAで「角煮バーガー」「津山ホルモンうどん」を
ヒガシマル醤油「うどんスープ」CM曲は元たまの知久が歌唱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP