ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイの未発表曲、2017年末までにリリースへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デヴィッド・ボウイの長きにわたる輝かしいキャリアの中で誕生した、いくつかの異なる年代に渡る未発表曲が、来年か再来年にかけて少しずつリリースされる見込みだ。長い間噂されてきた自叙伝については、おそらく出版されることはないだろう。

米ニューズウィーク誌によると、1月10日(現地時間)に69歳で死去したボウイに近い関係者が、「ボウイが亡くなる前に作成した、リリース日未定の数多くの楽曲リスト」の存在について明かした。

完全な新曲がどのくらい含まれているのか、また、既存の楽曲の別バージョンがどれくらい存在するのかについては分かっていないが、記事によると、そのコンピレーション・アルバムの1枚目は、遅くとも2017年の終わりまでにはリリースされるだろう、ということだ。

ボウイが舞台音楽を手掛けたオフ・ブロードウェイ・ミュージカル『Lazarus(原題)』の楽曲を収録するアルバムについても、現在作業が行われている。小説『地球に落ちて来た男』をもとにし、マイケル・C・ホールが出演した同ミュージカルは、先週閉幕した。

ボウイはここ何年もの間、思い出の品や個人的に影響を受けた物を数多く収集し、3か所の倉庫に保管していた。それらの多くは、2013年にロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された回顧展『デヴィッド・ボウイ・イズ』で展示された。回顧展は現在オランダで開催中で、2017年には日本での開催も予定されている。それ以降の開催都市はまだ発表になっていない。

米ニューズウィーク誌によれば、ジャーナリストから映画監督に転身したキャメロン・クロウが、1970年代に、ボウイとともに未完成の著書を手掛けていたが、その長らく噂されてきた自叙伝あるいはアートブックの『Bowie: Object(原題)』は、おそらく完成することはなさそうだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP