ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日飲み続けて美しくダイエット。美人を作る世界のお茶7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年こそはキレイになる!」そう新年に誓った女性も多いのではないでしょうか。そこでダイエットや美容にパワーを与えてくれる、世界の「美人のお茶」をピックアップしてみました。

ホワイトティー

日本ではあまり広く知られていませんが、特に欧米で「美人のお茶」として知られているホワイトティー。緑茶、紅茶、青茶(烏龍茶)、黄茶、黒茶と肩を並べる中国6大茶類である白茶。その中でも特に珍しい高級品とされ、かつては中国の皇帝や貴族しか飲むことができなかったのだとか。ポリフェノールやビタミンC、ミネラルなど美容と健康にうれしい成分をたくさん含んだ白茶は、毎日のリラックスタイムにぜひ取り入れたい一品! 気品あるあっさりとした味がやさしく心を包んでくれますよ。

ルイボスティー

「奇跡のお茶」とも呼ばれ、美容や健康に敏感な人が愛飲するルイボスティー。「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分(酵素)が老化の原因とされる活性酸素を除去し、免疫力や新陳代謝を促進すると考えられています。またルイボスティーにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、美肌作りや便秘、冷え性改善にもピッタリなのだとか! 筆者も冷え性や肌荒れに悩んだ時期に飲み始めたのですが、ルイボスティーのおかげなのか、それからかなり体質が改善しました。今では毎日欠かせない大好きなお茶です。

ローズヒップティー

「ビタミンCの爆弾」と言われるほど、美容に良いお茶として知られるローズヒップティー。ビタミンC以外にもビタミンE、ミネラル、ポリフェノールなどたくさんの栄養分がぎゅっと詰まっており、美白・美肌・健康効果抜群です! 「飲むだけでダイエット効果や美肌効果がある」と女性に人気のローズヒップティーですが、実はただ飲むだけではローズヒップの効果を十分に享受できないのだとか。お肌や体に良いと言われる成分の80%以上はローズピップの実(出がらし)に残ったままのため、その栄養をしっかり体に取り入れるためには飲み終わった後の実も残さずに食べてくださいね。

烏龍茶

日本人にも馴染み深い中国茶、烏龍茶。最近は「ダイエットに効くお茶」としてのイメージが定着してきた烏龍茶ですが、美肌効果、アンチエイジング効果、リラックス効果、むくみ改善効果などもあると言われています。ダイエット効果を期待する方は、烏龍茶は食事中や食後に飲むのがポイントなのだとか。また寝る前に温かい烏龍茶を1杯飲めば心が落ち着き、ぐっすりと眠ることができますよ。

緑茶

長きにわたり日本人の食生活に欠かせない存在である緑茶。近年は緑茶の健康・美容効果が海外でも注目されています。ビタミン豊富で美肌作りに効果があり、口臭予防や成人予防効果もあると言われる緑茶。1日3杯~5杯ほど飲むと良いとされます。さらに効果的に緑茶のパワーを取り入れるためには、ティーバッグや茶葉よりも粉末タイプのものを選ぶと良いのだとか。日本人に憩いのひとときを与え続けてきた緑茶、今日から毎日の暮らしに取り入れてみませんか?

タンポポ茶

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉を乾燥させて作られたお茶のこと。漢方では「蒲公英」として親しまれてきたたんぽぽは、女性ホルモンのバランスを整えるたり、女性特有の体調不良を改善してくれる効果があります。ノンカフェインのため、妊娠中や授乳中の女性にも人気です。

ハト麦茶

日本でも昔から「肌をなめらかにする」と親しまれてきたハト麦。シミやソバカス、肌荒れ、アトピーの改善に効果があるとされるハト麦は、まさに美肌を作るお茶! 昔ながらのハト麦茶もおすすめですが、最近は韓国の「ユルム茶」も注目されています。「ユルム」とは韓国語でハト麦のことで、ユルム茶にはハト麦以外にもクルミやアーモンドなどのナッツを粉末状にしたものが混ぜられています。ほんのりと甘くとろみのあるユルム茶はお茶というよりは、ココアのような感覚で飲めるデザートドリンク。おいしいだけではなく、豊富なミネラルやたんぱく質が含まれているため、本場韓国では美容に熱心な女性に大人気なのだそう。ダイエット中のおやつ代わりにも取り入れられそうですね。

いかがでしたか? いずれのお茶も気長に飲み続けることが大切。即効性はありませんが、毎日おいしく飲み続けているうちに、きっとあなたに美と健康を与えてくれることでしょう。

[EATTHIS!/5 Best Teas for Weight Loss]
[All photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP